料理全般 娯楽

津軽三味線、民謡、etc…

この記事は約2分で読めます。

食に美味しさは、楽しさ娯楽があって、増すものである。美味しいとなるのは、満足を求めていかなければならない。音楽の娯楽として、マジックキッチンでは、三味線である。

津軽三味線、三味線の伝統楽器

日本の伝統楽器は沢山ありますが、身近なものといったら三味線もその一つ。三味線は、弦楽器で木製の胴の表面に猫や犬の皮を貼り、胴を貫通した長い棹(さお)に張られた弦を撥(ばち)で引いて演奏するものです。
元々は中国から伝来した「三弦」ですが、現在では、落語や漫才などの寄席で効果音として使われる場合もあれば、お座敷などで芸者さんが踊りに合わせて奏でることもあります。また最近は吉田兄弟などの三味線演奏家も出てきて、人気を集めています。
三味線のルーツは中国の三弦にあるといわれており、それが日本に伝わり、16世紀頃に、三味線と改良された後、日本各地の生活に密着し発展していきました。津軽三味線はその中でも津軽地方(現在の青森県西部)で発展したもので、そのルーツは目の不自由な方が行った門付け芸にあるといわれています。
津軽三味線の音楽的特徴としては、撥で皮を激しく叩く奏法と、速弾きの多用があげられます。
このため三味線は中棹や細棹ではなくい、叩きに適した川の厚い太棹を用い、撥は速弾きに適した小ぶりなものを使用します。
また、三味線の糸には本来絹糸が使われるのですがm津軽三味線の激しい奏法では糸が切れやすいため、部分的にナイロンやテトロンといった素材が使われます。

フックンの師匠の亀谷先生の動画はこちら👍

スポンサーリンク
 
シェアする
フォロー ヨロシクです!!
Magic Kitchen【マジックキッチン】(娯楽台所)
タイトルとURLをコピーしました