Amazonで商品を探す 楽天で商品を探す

南蛮漬けの具材バリエーションを大特集!肉、魚、野菜別に見ていこう

この記事は約13分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

南蛮漬けは南蛮酢の液に漬け込んだ料理ですが、色々な具材を合わせる事が出来ます。

食欲がないときや疲れている時など南蛮漬けは、さっぱり食べることができます。

野菜をたくさん加えることで栄養も摂取でき、 ちょっとしたおかずやお酒のあてにもなります。

漬け汁が難しいと思っている方やうまく作れないという方もいるかもしれません。

ここでは南蛮漬けに合う具材をできるだけご紹介しています。

美味しい南蛮酢のレシピもご紹介しているので、色々な具材を合わせれば、多種多様な南蛮漬けがたくさん作ることができますので、普段の献立のレパートリーに、是非最後までお付き合い頂けたらと思います。 

南蛮漬けの基本的な具材は?

①アジ

②玉葱

③人参

④ピーマン

⑤獅子唐辛子

ワカサギも定番具材ですが、アジも南蛮漬けの定番ともいえる具材です。

魚を使った南蛮漬けは、どれもよく合うのでお好きな魚を選びましょう。

こちらの具材があれば南蛮漬けは出来るので手軽にできるのが嬉しいですね。

南蛮酢は、一度調味料沸かしてから、具材を入れて方が美味しく仕上がります。

南蛮漬けの具材の変わり種のバリエーション

肉の選択肢

①鶏肉

肉の中でも鶏胸肉が一番南蛮漬けにはよく合います。

少しパサつきが気になる方も多いと思いますが、南蛮漬けに仕上げるとしっとり食べることができます。

その他。ささみもも肉でも美味しいのでその時の野菜の組み合わせや気分によって具材を使い分けてみてくださいね。

お肉の中でもリーズナブルな食材ですので、 あっさりしていながら、しっかりとしたおかずにも、酒のおつまみにもなるので食卓に入れてみてはいかがでしょうか。

②豚肉

豚肉の細切れでさっと作れる南蛮漬けは、コストも安いので、普段のメニューに取り入れやすい食材です。

片栗粉をつけてカリッと焼いた豚肉に、南蛮酢の相性は抜群です。

隠し味で、ウスターソースを入れるととても美味しくなりますので是非お試しを!

また、豚肉はビタミンB₁が豊富に含まれています。

ビタミンCと組み合わせることで美肌効果も高まるので、普段の玉ねぎや人参に加えて、ビタミンCの豊富なパプリカブロッコリー、の食材を使ったり、南蛮酢の酢をレモン汁に変えることで栄養面においても安心できますね。

③鴨肉

鴨肉はカルパッチョにもよく合う食材ですが、南蛮漬けにしてもおいしいですよ。

甘酸っぱさは少し抑えて、出汁をきかした方が美味しく仕上がります。

南蛮漬けの「南蛮」も鴨南蛮の「南蛮」も南蛮諸国のことを指します。

南蛮から渡来した人が、ネギをよく食べたことから、南蛮人がネギを好むように、南蛮はネギを入れた料理を指します。

鴨南蛮は江戸時代に、ネギのことを南蛮と呼んでいたことから現在まで受け継がれています。 

鴨南蛮と南蛮の料理は別物です。

「鴨が葱を背負ってくる」と言うように、ネギは鴨の脂をすって美味しくなるので、南蛮漬けも白ネギと組み合わせるのが美味しくなるポイントです。

その他、青ネギ万能ネギも南蛮漬けには相性がいいので、具材やトッピングに使いましょう。

魚の選択肢

①わかさぎ

アジの南蛮漬けも定番付ですが、ワカサギの南蛮漬けも定番の食材です。

シャキシャキの野菜との相性は抜群で、しっかり香ばしく揚げることで南蛮酢と絡み合ってとても美味しくなります。

ししゃもと一緒で、頭ごと食べれるので、 栄養面でも最適の魚です。

また、甘露煮などであれば食べ過ぎると糖分の摂り過ぎになります。

その点、南蛮漬けにして食べることでタンパク質とカルシウムが、申し分なく摂取できます。

ワカサギはカロリーが低く

  • 鉄分(貧血予防に効果)
  • ビタミンB₂(口内炎予防に効果)
  • ビタミンE(老化防止に役立つ)

などの栄養がたっぷりです。

②サバ

片栗粉をつけてフライパンで焼いても、素揚げしてカリッと揚げても美味しいですよ。

アジやイワシも一緒ですが、シャキシャキの玉ねぎとの相性は抜群です。

青魚には、脂肪酸の一種であるDHAEPA栄養の源です。

冷たい海でも元気に泳げるのは、氷点下の海であってもその油は固まらないためです。

この栄養素は、食事でしか摂取できないため、普段のメニューに取り入れたい食材ですね。

③白身魚

白身魚と言っても広範囲にわたりますが、有名な白身魚として、

カレイシイラメルルーサ、などがありますがどれもよく南蛮漬けにあります。

白身魚は、ムニエルはフライもの広く活躍する魚です。

白身魚はあっさりしているので、南蛮漬けのような味の濃いものにはとても相性がいいです。

冷凍でパンガシウス(バサフィーレ)などの名前で売られているのはナマズの白身魚ですが、身も崩れにくくふわっとした食感でとても美味しいのでオススメです。

④鮭

鮭の南蛮漬けは、メインのおかずとしても、副菜としてもオススメの食材です。

普段の南蛮酢にお味噌を足して、味噌南蛮漬けにしてもおいしいですよ。

鮭のちゃんちゃん焼きや鮭の西京焼きの様に、鮭は味噌との相性が抜群です。

定番もいいですが、少し味付けを工夫することで、美味しさがアップしますよ。

⑤鰆

春に旬の鰆は、主役になるほどの南蛮漬けになります。

スーパーでサゴシとして売られているものは少し安いですが十分それでも美味しく作れます。

白身魚も美味しいですが、淡泊でふわっとした鰆は、魚が苦手な方でもぺろりと食べれますよ。

⑥ししゃも

ししゃもの南蛮漬けもとてもさっぱりして美味しいです。

頭ごと食べれて栄養面も安心です。

子持ちししゃもであれば、豪華な南蛮漬けになりますよ。

⑦海老、イカ、シーフードミックス

イカと海老などを使った南蛮漬けも海鮮が好きな方にはオススメです。

火を通して揚げるので、冷凍のエビやイカでも十分美味しくいただくことができます。

冷凍のシーフードミックスであれば、日持ちもして値段も安いので、冷凍室にあるだけでも重宝しますよ。

シーフードミックスは具材が小さいので、そのままでも細かくしてもいいので、つくねのように団子状にして作ると食べ応えもアップしますよ。

野菜の選択肢

①茄子

茄子の南蛮漬けもとても美味しいですよ。

茄子を一度、焼くか素揚げすることによって、ジューシーに仕上がります。

南蛮酢にごま油を少し入れると香りもプラスアルファされてとても美味しいです。

茄子の揚げ煮が飽きた時のバリエーションに最適の料理です。

この記事ではベーコンは紹介していませんが、茄子にベーコンを巻いて、フライパンで焼いてから南蛮漬けにするのもオススメです。

②長葱

長ネギも南蛮漬けには欠かせない具材のひとつです。

鶏肉と長葱を香ばしく焼いてから南蛮酢につけてあげると主菜にもなるおかずに仕上がります。

焼いて漬けるだけですがネギの甘みと南蛮酢の酸っぱさのハーモニーがたまりませんよ。

普段の南蛮漬けの人参や玉ねぎと一緒に薄切りにして混ぜても美味しいです。

③胡瓜

酢の物でも活躍するキュウリですが、南蛮漬けにも最適な食材です。

きゅうりのキューちゃんに味が近くなり、ご飯のおかずやお酒のおつまみにもよく合います。

しっかりねかして作ることで、漬物感覚でご飯のお供になること間違いなしです。 

きゅうり単体でも美味しいですが、肉、魚、野菜などと組み合わせても美味しいので、是非作ってみてくださいね。

④きのこ類

お財布に優しいきのこは、南蛮漬けとの相性も抜群です。

お肉や魚野菜などのボリュームをアップするし、キノコの旨味でその他の食材の美味しさがアップしますよ。

きのこはヘルシーで、ダイエットをしている方には、最適の食材と言えます。 

特にきのこだけで南蛮漬けを作る場合は、火を通すとかさが減るので、大きめにカットして調理しましょう。

⑤パプリカ

マリネやカルパッチョにもよく使われる具材ですが南蛮漬けも、パプリカはなくてはならない具材です。

野菜だけの南蛮漬けでも、お肉やお魚などの南蛮漬けと一緒に合わせても、色がとても鮮やかになるので見栄えも鮮やかになります。

パプリカは甘みがとてもあるので、酸味のきいた南蛮酢との相性は抜群です。

⑥オクラ

ちょっとした作り置きにお声の南蛮漬けもおすすめです。

  • パプリカ
  • 茄子
  • ミニトマト
  • かぼちゃ

などの野菜と一緒に南蛮漬けにするのもおすすめです。

見た目も鮮やかで、南蛮漬けは日持ちするので、ちょっとした副菜が欲しい時に便利ですよ。

⑦プチトマト

プチトマトの甘酢漬けも美味しいですが、プチトマトの南蛮漬けもおすすめです。

生野菜などと一緒に添えるだけでも普段の付け合わせや副菜を作るときなどに重宝しますよ。

いんげんやピーマンと一緒に南蛮漬けにして、にんにくチップなどと合わせると和風と洋風のコラボが楽しめますよ。

⑧ごぼう

ごぼうは一度下茹でしてから、小麦粉をつけてあげることで早く火が通ります。

多めの油でフライパンでこんがりと焼いても南蛮酢とよく絡みます。

人参などと組み合わせて、出来上がったごぼうの南蛮漬けに鰹節を絡めると、癖になる味わいになります。

⑨インゲン

いんげんの南蛮漬けというよりは、豚肉と合わせることでとてもおいしくなります。

ご自宅にある薄切りの肉に小麦粉をつけて、油で揚げずに、インゲンと一緒にさっと炒めて南蛮酢につけるだけで簡単に作れます。

食欲がないとき、 さっぱりと食べれてオススメです。

その他、茄子ピーマン玉ねぎなどの野菜とも組み合わせやすいので、普段の献立に組み合わせてみてはいかがでしょうか。

⑩南瓜

手軽に副菜を作りたいときは、かぼちゃもおすすめです。

茄子やシシトウと組み合わせても美味しいですし、かぼちゃだけでもかぼちゃの甘みが酸味と絡みあってとても美味しいです。

何よりもかぼちゃは、離乳食幼児食にとても向いています。

かぼちゃには、栄養が豊富で、成長期の子供が摂取しやすい栄養素が沢山含まれています。

噛むのが難しい赤ちゃんであっても食べやすく、調理もしやすいのがポイントです。

⑪レンコン

レンコンの南蛮漬けも箸休めの一品に仕上がります。

食物繊維がたっぷりとれて、肉や魚などと合わせるのもいいし、レンコンや人参、玉ねぎなどと合わせてもおいしいですよ。 

レンコンを下茹でしてから、しっかり揚げて、冷蔵庫で少し寝かせることで味が染みて、一層美味しくなります。

⑫長芋

南蛮漬けに長芋はあまり見かけないかも分かりませんが、こってりが苦手で野菜をメインに作りたいときにはオススメです。

長芋は、脇役ながら主役にもなるのでお肉や魚の代わりに長芋の南蛮漬けも「アリ」ですよ。

⑬こんにゃく

こんにゃくの南蛮漬けもとても面白い具材ですよ。

ヘルシーでお財布にも優しいこんにゃくを使うことによって、お肉やお魚が苦手でもボリュームも取れるのでオススメです。 

お時間のある方は、こんにゃくこと生のおからで作る、「おからこんにゃく」を使っても美味しく頂けますよ。

⑭カイワレ大根

南蛮漬けは、野菜を刻むのが時間がかかるので、かいわれ大根があれば、さっと合わせるだけで食べれるので、時間がない方などにオススメです。

トッピングとしても色鮮やかになるのがいいですね。

果物の選択肢

①レモン

レモンは、酢を使う代わりにレモン果汁で行ってもいいし、レモン薄くスライスして南蛮漬けのたれに入れ込んでも美味しいです。

食欲がないときやさっぱり食べたい時には、レモンを入れる事でストレスも癒してくれますよ。

鶏胸肉と合わせると冷めてもしっとりとした胸肉を味わうことができます。

その他の選択肢

①厚揚げ

厚揚げを使った南蛮漬けは、 ヘルシーで手軽に作れるのが魅力です。

揚げ出し豆腐のように、木綿豆腐を使ってもいいですが、厚揚げを使えば、一度揚げる手間もないので、さつま揚げのように簡単に作りたいときにオススメです。

体の疲れている時は、さっぱりしてオススメです。

②つくね

つくねの南蛮漬けも、意外と美味しいのでオススメです。

つくね煮レンコンのみじん切りやあらみじん切りにした意味などを加えると、食感も楽しくなりますよ。

イメージは、とろみのない肉団子の甘酢あんかけのような感じに仕上がります。

③さつま揚げ

南蛮漬けを手軽に作りたい方にはさつま揚げもオススメです。

お肉や魚を使った南蛮漬けは、一度素揚げする手間がありますので、さつま揚げを使えば、揚げる手間もなくなります。 

南蛮漬けと甘酢漬けの違い

  • 南蛮漬けとは

日本の料理で魚や肉などを油で揚げて玉ねぎや人参唐辛子と一緒に甘酢漬けにした料理のことです。

その野菜が入った唐辛子入りの甘酢の音を南蛮酢と呼びます。

 

  • 甘酢漬けとは

甘酢漬けとは野菜などを甘酢につけることで、代表的なものとして甘酢生姜らっきょうがあります。

甘酢とは合わせ調味料のことで酢に塩や砂糖を混ぜ合わせたものです。

砂糖ではなくみりんを使うこともありますが、三杯酢よりも甘めに作られます。

酢に砂糖や醤油を加えて煮立て、片栗粉でとろみをつけた中華風のあんは、「甘酢あん」と呼びます。

甘酢あんの甘酢に、醤油や玉ねぎ、鷹の爪などを合わせたものが南蛮酢です。

 

  • 解説

南蛮漬けのような酢を使った、和えた料理はたくさんあります。

その中でエスカベッシュは、8世紀頃にスペインで生まれた料理で、そのスペイン、ポルトガル、オランダどの通商が盛んになりこれら諸国を総称して南蛮と呼びます。

また、エスカベッシュはワインやワインビネガーなどを使いますが、南蛮を経て入ってきた材料や調理法を用いた料理を南蛮漬けといいます。

その材料が手に入りにくいため、日本人の口に合うものに、日本料理と組み合わされて「南蛮漬け」と呼ばれるようになりました。

エスカベッシュも南蛮漬けも油で揚げるという調理法が一緒で、この調理法は元々西洋の調理法です。 

色々調べたところ諸説があり定義は微妙なので、人によってはレシピ様々というのが現実です。

具材や調味料の組み合わせによって多種多様な料理が生まれます。

その他、酢の物、マリネ、カルパッチョに合う具材も色々紹介していますので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。👇

カルパッチョの具材バリエーションを大特集!肉、魚、野菜別に見ていこう
カルパッチョの本格的な具材の組み合わせにより、色々なカルパッチョの具材のパターンがあります。この記事ではどんな具材を組み合わせれば良いかを、カルパッチョの具材のバリエーションを複数の視点でご紹介しています。合う具材のバリエーションから、酢の物、マリネ、カルパッチョの違い、カルパッチョのレシピまで色々見て行きましょう。
マリネの具材バリエーションを大特集!肉、魚、野菜別に見ていこう
マリネの本格的な具材の組み合わせにより、色々なマリネの具材のパターンがあります。この記事ではどんな具材を組み合わせれば良いかを、マリネの具材のバリエーションを複数の視点でご紹介しています。合う具材のバリエーションから、酢の物、マリネ、カルパッチョの違い、マリネ液のレシピまで色々見て行きましょう。
酢の物の具材を大特集!定番・変わり種から合わせ酢レシピまで紹介するよ
酢の物の本格的な具材の組み合わせにより、色々な酢の物の具材のパターンがあります。この記事ではどんな具材を組み合わせれば良いかを、酢の物の定番から変わり種の具材を複数の視点でご紹介しています。合う具材から、酢の物とマリネとの違い、美味しく作るレシピまで色々見て行きましょう。

南蛮漬けレシピ公開!

~材料~(2人前)

①鯵…1尾(切り身1尾でもいい)

②玉葱…30g ➡薄スライス
③人参…20g ➡薄めの千切り

④ピーマン…20g ➡種を取って、1/2薄スライス
⑤赤唐辛子…1本(辛いのが好きな方は増やしてください)➡種を取る

⑥出汁…200㏄(鰹と昆布でとった出し汁、または水にダシの素)
⑦醤油…40㏄
⑧みりん…40㏄
⑨酢…60㏄

⑩砂糖…大さじ1~2(甘さは調節する)
⑪片栗粉…適量
⑫サラダ油…適量

~作り方~

①…鯵水分を切る。5cm(好きな大きさ)幅に切る➡薄切りにした、玉葱、人参、ピーマンを軽く水洗いし、ザルで水気を切って少し置く。獅子唐辛子は種を取って、2㎜程の輪切りにスライスする。

 

②油を170~180℃に熱する。(フライパンで多めの油で焼いてもいい)カットした鯵に片栗粉を付けて揚げる。※揚げる時間は3分程度が目安ですが太さや大きさで異なります

 

③…鯵が揚がったら油から上げて、油を良く切って冷ます。

 

④…鍋に出汁、醤油、みりん、酢、砂糖を入れて火にかける。

調味料が沸騰したら火を止め、味を調節して、玉葱の薄切り、人参の薄千切り、赤唐辛子、を加えて冷ます。

 

⑤…合わせ調味料が冷めたら、タッパなどの密閉容器に入れ、ピーマンの千切りを加えて、半日~一晩ねかせる。(2~3時間ほどでもお好みで大丈夫です)

 

⑥…皿に盛り付け、たれを回しかける。

~ポイント~

野菜のシャキシャキ感を楽しみたい方は、極薄切りにしてから、しっかり水にさらし、食べる直前にさっと和えるのも一つの方法です。

 

野菜を2mmから3mmの分厚い目に切っている場合は、水でさらした後、調味料を沸騰させた後に、具材入れるようにしてください。

まとめ。。。

南蛮漬けは、意外に難しいと思いがちですが、合わせ酢と具材があれば、日持ちもするので普段の忙し日の献立の一品に最適です。

南蛮漬け甘酢漬けなど諸説は色々あり、正解というのはないので、南蛮漬けの基本からアレンジしていくことでも多種多様な南蛮漬けが出来ます。

色々な具材を合わして作れば、普段の献立のバリエーションも増えるので、是非皆さんも南蛮漬けをチャレンジしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました