料理全般 娯楽

青椒肉絲(チンジャオロース)の献立アイデア集!副菜から汁物までをチェック!

この記事は約9分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

青椒肉絲(チンジャオロース)は正確にはチンチャオロースと言います。

また、青椒牛肉(チンチャオニュウロース)が、よく言われる、ピーマンと牛肉の細切り炒めです。

ということは、青椒肉絲(チンジャオロース)は、ピーマンと牛肉の細切り炒めです。

子供などは、ピーマンが苦手な場合が多いですが、チンジャオロースは、そのピーマンが美味しく頂けます。

私はこれを、食べてピーマンが好きになりました。
ピーマンは油と相性がばっちりなんですね。
中華料理に感謝です。

中国のピーマンと日本のピーマンは違うということです。

タケノコも日本独自の料理で入っていますが、チンジャオロースは、ピーマンと豚ロースを使って炒めるということです。

使うピーマンが違うので、味も違うということです。
中国にも日本と同じ太めで辛くないピーマンがありますが、細長いピーマンを使ってチンジャオロースを作るのが一般的です。

ピーマンは甘味が強く肉も厚いですが、細長いチンジャオは、ちょっと辛みがあってピーマンより味が濃いので中国のチンジャオロースに場合は、普通のチャーハンと合わせるといいでしょう。

日本のピーマンは辛くない唐辛子です。
ではチンジャオロースの献立を作っていきましょう。

まずは色々なメニューを!青椒肉絲(チンジャオロース)の献立集!

チンジャオロースの主役ピーマンについて知っておこう!

ピーマンはナス科の一年草である。

因みに、茄子科は、なす、じゃいも、トマト、ピーマン、ししとう、唐辛子などがあります。

熱帯では多年草で熱帯アメリカ原産である。
唐辛子の一種で、日本では絡みのない唐辛子のことである。

仏名は、ポアブロン、あるいはピマン・ ドゥ、 中国名は青椒(チンチャオ)。
日本では、中肉のエース系、薄肉のさきがけみどり系、異種掛け合わせの一代雑種(F₁)と呼ばれるものが多く栽培されている。
生育期間が長く、25℃位が適温(夜間は最低18°)のため施設栽培が多い。

産地は、千葉、茨城、宮崎、高知県である。

熱を通すと黄色または赤色、完熟すると暗赤色になるが、通常、未熟で鮮緑色で形が整い、つやがあり、種子の小さいものが好まれる。
露地栽培は7月から8月が旬。
施設栽培は一年中で回る。
品種、産地 、作型、栽培法、収穫時期により成分に相違があるが、 平均的には、水分93.5%、糖質4.2%、タンパク質0.9%、脂質0.1%、 その他100g ビタミンA効力150 IU、 ビタミンC80mgの栄養が含まれている。
収穫時期が遅いほど緑色が濃く、カロテン、ビタミン C が多くなる。

色と香りを生かし、油を用いて脂溶性ビタミンの効率を上げることがポイントである。

日本料理では、衣揚げ、和え物など用いられます。
中国料理では、炒め物、詰め物、スープなどに用いられます。
西洋料理では、詰め物、バターライス、チキンライスなどに用いられます。

赤く熟したピーマンは、西洋料理の彩りに、また加工用としては瓶詰め、缶詰、スタッフドオリーブ(ピーマンの実の種をくりぬき、中に赤ピーマンなどの詰め物をしたもの)にします。  
また近年は、赤、黄、オレンジなどの、甘みがあって大果のジャンボピーマン、パプリカなども出回っている。
少しでもピーマンのイメージがわけばチンジャオロースの献立が立てやすくなります。

献立アイデア①青椒肉絲(チンジャオロース)献立例!

ピーマンのすばらしさを知り、まずは2種類の献立をご紹介します。

MAGIC KITCHEN
食事献立
メニュー
献立例A
献立例B
ごはん
青椒肉絲(チンジャオロース)
鯵の塩麹焼き(大根おろし添え)
味噌汁(切干大根、葱)
キムチチャーハン
青椒肉絲(チンジャオロース)
ごま団子
野菜パイタンスープ
昼食/夕食
昼食/夕食
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
57324.3 56518.7
脂質(g)
コレステロール(mg)
脂質(g)
コレステロール(mg)
14.9 121 18.3 68
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
81.3 3.7 78.2 4.7
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
136 34 152 21
食塩相当量(g)
食塩相当量(g)
3.32.7
※ 仕入れ状況により、栄養価ともに一部変更する場合があります。     (株) マジックキッチン
★米の栄養価は全て含まれています。  (日曜日定休日)      TEL  06-〇〇〇〇-〇〇〇〇

 献立A 

 献立B

献立A

献立Aに関しては、副菜を和食と洋食と中華の献立でも、バランスの栄養を考え、
チンジャオロースは、日本でアレンジされたものが多いので、何にでもよく合います。

ここでは、あまり刺身や生ものはさけるほうがいいです。

熱いものとの組み合わせは、細菌の増殖が心配ですので、できるだけ避けたほうがいいですね。

汁は、シンプルに切り干し大根の味噌汁、乾物は、旨味が凝縮されているので、味噌を少なくできます。
そうすることで、塩分を減らすことができます。

献立B

献立Bに関しては、主食に、色ごはんをもってきました。
キムチチャーハンにすることで、さらに食欲が進みます。
中華の基本ベースである白湯スープに、野菜を入れて栄養補強しています。

揚げ物をおかずではなく、ゴマ団子のように、デザートにすることで、豪華な中華定食になりますよ。

こちらも色々!チンジャオロースに合う付け合わせ

副菜4選

①もやしの中華煮びたし

中華風に味付けした煮びたしももいいですが、和風で味付けしたりしてマンネリもなくなります。

その他、ゼンマイ、キュウリ、キクラゲなどもよく合う具材です。

あっさりいきたい場合は、シンプルなお浸しや和え物で合わせるといいですね。

②茄子の肉みそ炒め

チンジャオロースと同じくらい、主菜になりそうな副菜ですが、海老の香ばしい香りが食欲を増進させます。

チンジャオロースはたくさん野菜が使われているので、肉や魚介を使った副菜をチョイスできますね。

和風にするならば、茄子の煮びたしや焼きなすなどもいいですね。

③海老のから揚げ
 
がっちり行きたい場合は、揚げ物であわせるのもいいですね。
 
その他、唐揚げや、アジフライなどもよく合わせやすいですよ。
 
チンジャオロースが肉料理なので魚介や、甲殻類の揚げ物と合わせるのがいいですね。
 
④えのきの梅肉和え
 
梅肉で合わせる事で、さっぱりして中華料理には最適です。
あっさり食べたい女性の方にはオススメです。
 
最後に、刻みのりもみのり、青ネギを添えたら、さらに美味しく頂けます。

スープ3選

①青梗菜の中華スープ
 

青梗菜は、緑黄色野菜で、栄養もしっかり取れます。
また鶏ガラスープなど中華全般に合わせやすい食材です。

冷蔵庫に、小松菜があれば、小松菜を入れた中華スープにしてもいいでしょう。

②春雨スープ

定番のスープで、あっさり食べれるし、中華だし、コンソメスープにも合わせる事が出来るスープです。
また和風の味付けをする場合は、おろし生姜、ごま油を入れると、味が引き締まりますよ。

③野菜トマトスープ

ミネストローネに近いスープと思ってください。

コンソメベースでを中華の鶏ガラベースで作っても、美味しいですよ。

野菜は、玉葱、人参、ジャガイモ、オクラなど入れていますがお好みで入れるといいでしょう。
副菜で野菜をとれていない場合は、汁物に入れるのも一つの方法です。

カットトマトや、トマトジュースで作れば、時短にもなり簡単に作れます。

メインのチンジャオロースをどんぶりしてしまうのも1つの手

 
よく見かけるチンジャオロース丼。
 

チンジャオロース丼は中華料理ではないんです。中国料理には存在しない日本独自の料理です。

天津飯のように手軽に食べれるというところから日本は何でもご飯にかけると言うことでできた料理である。 

丼にする場合は少しスープを足して、片栗粉で閉じてとろみをつけてあげると、ご飯に水分が含まないので、お弁当としても作ることができます。

また、 中国料理は、たけのこは入らないんです。たけのこが入るチンジャオロースは日本で生まれたチンジャオロースなのです。 

献立を考えるのは難しいですが、こういった情報を知る事によって献立のイメージは膨らんできます。

チンジャオロースを作る場合は、調味料で炒めただけの場合はご飯とおかずは別々に食べるといいでしょう。 

チンジャオロースの献立を引き立たせる!!

簡単に作れるチンジャオロースですが、手を少し加えるだけで、味がガラッと変わるので、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

中華料理のプロの味付けを簡単に紹介しよう!

もちろん献立と言うには、副菜やスープも大事ではありますが、少しでも美味しく作るために、1ランク上の中華料理のチンジャオロースの作り方をまずは見て行きます。

チンジャオロースは、中国人の食卓によく並ぶ献立です。
中国では夫婦共働きが普通なので、食事の支度にあまり時間をかけれないと聞きます。

「中国の人は料理が上手」と言う人が多いですが、中国の人は料理を作るのが早いのが特徴ですが、中国のお母さんたちは、料理をするのが早いです。

神業のようにあっという間に何種類の中華料理を作り上げます。
結論、中華料理は、火加減が大事です。
火加減を最初は強火で、調節しながら一気に炒めるのがポイントです。

紹興酒を入れるのが、中華料理のチンジャオロースです。

豚肉を細切りにし、少量の塩を振って片栗粉をまぶしてから、炒めていく事が、重要です。
また、肉が火が通って、ニンニク、生姜を入れる事。

合わせ調味料は事前に作っておいて一気に入れます。

マジックキッチン秘伝合わせだれを公開します。

 ~材料~
△ピーマン … 100グラム
△豚肉 … 200グラム (牛肉でも良いです)→青椒牛肉(チンチャオニュウロース)
(お好みで、たけのこ、人参、パプリカ、きくらげきくらげなどを入れても大丈夫です)

~調味料~

★ 塩 … 小さじ1/2杯
★ しょうゆ … 大さじ2杯
★ 中華スープの素  … 適量
(鶏がらスープ、コンソメスープ、ウェイパー、シャンタン可、)
★ 片栗粉 … 大さじ2杯(適量の水を入れて、水溶き片栗粉を作る。)
★ 油 … 大さじ2杯(ネギ油を入れればまた違った風味が生まれます。)
★ みじん切り生姜 … 少々
★ にんにく … 1個
★ 紹興酒 … 大さじ1杯(料理酒で代用可)
★ 砂糖 … 小さじ1杯

   

紹興酒の安いのがあるので、興味ある方は是非探してみてください。

まとめ。。。

チンジャオロースとはピーマンと牛肉の糸切り炒めで、糸切りにして下味をつけた牛赤身とピーマンの糸切りを炒め、醤油、砂糖、老酒、水溶き片栗粉で調味した料理です。

牛肉ではなく豚肉を使ったものがチンジャオロースです。

中華料理としての、 チンジャオロースを説明しましたが、日本では丼にしたり色々な献立をアレンジできます。

具材や献立のバリエーションは、栄養を摂取する上でも大事なことであり、色々なチンジャオロース作る事で、バリエーションが広がった、青椒肉絲が作ることができます。

料理というのは、店や、作る人が変われば、味は異なってくるものです、 ぜひご家庭で自分なりのチンジャオロースを作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました