料理全般 娯楽

マリネの具材バリエーションを大特集!肉、魚、野菜別に見ていこう

この記事は約16分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

マリネは、マリネ液につけておくだけで、簡単に作ることができます。

食べる野菜によっては、直前に絡めて食べることもできますよね。

さっぱりとした味わいで普段摂取しにくい野菜もたくさん食べられるので、献立を立てる際のサラダ代わりにもなります。

マリネはフランス料理で、日本の酢の物と似ていますが、マリネは、レモン汁やオリーブオイル、白ワインビネガーなど洋風のものが使われます。

酢の物が飽きた方は、マリネを作る事で、バリエーションも広がりますよ。

ここではマリネの具材の定番から変わり種について詳しくご紹介したいと思います。

また、マリネ液のレシピもご紹介しているので、ご自宅で色々な野菜を入れて作ればコストも安価で美味しいマリネが完成します。

節約しながら、外食気分が味わえるので、皆さんもご自宅での料理を満喫してくださいね。

マリネの具材のバリエーション

肉の選択肢

①生ハム

生ハムを使ったマリネは、よく見かけることも多いと思います。

シンプルなマリネだからこそ、普段のおかずやワインやビールのお供にもなるので是非普段のメニューに加えてみてください。

その他、大根やレタスともよく合うので色々な具材をチョイスして作ってみてください。

②ベーコン

ベーコンもマリネにオススメの食材です。

ベーコンを入れる場合は、フライパンにオリーブ油をひいて、カリカリに焼いてあげることが美味しくなるポイントです。

シンプルにベーコンと玉ねぎだけでもお酒のおつまみにもなり、献立としての副菜にも合わせることができますよ。

マリネにパプリカを加えてあげることで、彩りも鮮やかになるので、材料がある方は入れた方がオススメです。 

その他にも夏野菜などもとてもよく合います。

野菜を一度焼いてマリネにするのもとても美味しいので、是非試してみてください。

③豚肉

マリネは、新玉ねぎとの相性が非常によぃあいます。。

新玉ねぎが手に入る時は、是非使ってみましょう。

ご自宅に豚肉が冷凍してあることも多々あると思います。

豚肉もマリネには非常によく合う食材です。野菜と合わせることで、さらに美味しさが倍増しますよ。

マリネを作る時、ワインビネガーを使うと酸味が強い傾向にあります。

そのような場合は、甘みを増やしたり、ワインビネガーリンゴ酢に変えることにより酸味に丸みが帯びて、子供や高齢者の方でも食べやすくいただくことができます。

彩りに人参やパプリカなども一緒に、入れるのがオススメです。

④鶏肉

鶏肉もマリネにはとてもよく合う食材のひとつです。

マリネにすることにより、しっとりやわらかく仕上がります。

特に、玉ねぎアスパラガスなどと合わせるととても美味しく仕上がりますよ。

定番のマリネ液でもいいですが、生のローズマリーを加えてあげることにより、味全体に丸みがでます。 

隠し味として、柚子胡椒などを入れると、少しおしゃれな気分になる味付けになります。

塩味が足りない場合、塩以外に柚子胡椒を使う事で、いつもの味とは違う、味に引き締まりが出るのでアレンジメニューとして是非挑戦して見てください。

魚の選択肢

①イカ

イカのマリネも定番と言ってもいい具材のひとつです。

作りたてのマリネにすれば、イカの歯ごたえと野菜のシャキシャキ感はとても良いおかずにもなります。

献立の副菜にも合わせやすく、あっさりしたメニューにイカのマリネを添えてあげるだけで、献立がとても豪華に仕上がりますよ。

食材は、玉ねぎ、人参、きゅうり、パプリカ、セロリなど色々な野菜とも合わせや酸いです。

魚介類もイカだけではなしに、エビやホタテを使って、シーフードにすることによっておもてなしのメニューにもなりますよ。

シーフードミックスなどで代用することで、安価で豪華なシーフードマリネができるので、時短で安く簡単に済ませたい場合は、冷凍のシーフードミックスがオススメです。

②タコ

スマホのでもよく使われるタコですがマリネにもよく合います。

シンプルにレモンの酸味がきいたマリネ液に相性が良く、お酒のおつまみにもなります。

酢の物と違って、キュウリやトマトチーズなどをタコと同じブツ切りの大きさに合わせれば、簡単に作ることもできるのでオススメです。

③白身魚

白身魚は、幅広くマリネに使うことができます。

刺身用の鯛やタラなどを使って漬け込んでもいいし、加熱用の魚をスーパーなので買って下味をつけて、小麦粉をまぶして揚げて南蛮漬けにしても美味しいです。

生の魚であればカルパッチョのようなイメージはありますが、しっかりマリネ液につけることマリネになります。

南蛮漬けは、完成品の名称で、下味をつけるという意味ではありません。

マリネと使うものはよく似ていますが、基本的に、

  • 醤油
  • 砂糖
  • 鷹の爪

を使った調味液に、小麦粉をつけて揚げて、火を通した食品を浸す料理です。

南蛮漬けは、マリネの一種と思って問題ありません。

④貝柱

魚介類は、マリネとの相性は抜群です。

ホタテの旨みがマリネ液と絡み合って、料理の前菜や酒のおつまみにも最適です。

生食用のホタテでマリネをするのが一番美味しいですが、生食用でないホタテを使う場合は、必ず火を通してからマリネ液に浸すようにしてくださいね。

お好みで、わさびマスタードなどを隠し味で加えると、色々な味のマリネが楽しめますよ。

⑤サーモン、スモークサーモン

サーモンやスモークサーモンといえば、カルパッチョのイメージがありますが、しっかり漬け込むことでも、また違った味を楽しむことができます。

生のシャキシャキが苦手な方は、マリネにすることによって、野菜がしんなりして食べやすくなります。

サーモンやスモークサーモンは、トマトの相性がいいので、トマト玉ねぎは合わせる具材としては一番のおすすめです。

ピーマンは、生食には向きませんが、マリネに漬け込むことによって風味が増してとても美味しくなるのでピーマンもオススメです。

マリネは漬け込むことに意味があるので、しっかり寝かせたマリネを是非楽しんでみてくださいね。

⑥イワシ

いわしもマリネにはとてもよく合う食材のひとつです。

さっぱりとしたマリネ液に漬け込む事によって、イワシの生臭さが和らぎますよ。

マリネに入れるさらし玉ねぎは、新玉ねぎを使うことによって旨味が出るので、新玉ねぎを使うのをオススメします。

お酒を飲む方は、お酒のおつまみとしてもとてもよく合うので是非試してほしい食材です。

青魚は、DHAEPAの栄養があるので、健康面においても安心です。    

⑦海老

えびもマリネにはとてもよく合う具材です。

紫玉ねぎときゅうりと和えるだけでも豪華な見栄えになりますよ。

具材は、玉ねぎパプリカカリフラワーブロッコリーなどがよく合います。

海老を入れることで、野菜もたくさん取れるがいいですね。

⑧カツオ

カツオのたたきでもよく見られるカツオですが、カツオは、酸味のあるマリネ液とも相性が抜群です。

普段のカツオのたたきが飽きた時は、マリネにしてみるのも美味しいですよ。

普段のかつおのたたきをマリネにしたり、合わせる具材を変えて、玉ねぎのスライスやパプリカなどと合わせるのもオススメです。

野菜の選択肢

①玉葱

野菜の中では、マリネが最もよく使われるうざいです。

肉、魚介、その他の野菜とも合わせやすく、マリネ液との相性がとても良いです。

マリネ液につけるほどで玉ねぎの辛味はましになりますが、どうしても玉ねぎの生の風味や味が嫌いな方は、しっかり水にさらした新玉ねぎを使うか、電子レンジで軽く1分ほど加熱してあげることにより、食べやすくなるので一度試してみてください。

②パプリカ

マリネによく使われる具材としてパプリカもその一つです、

少し手間はかかりますが、直火で炙ってあげることでうす皮がきれいにむけます。

パプリカだけでもマリネ液に漬けておくと、フルーティーな甘いマリネを楽しむことができますよ。 

また、薄切りにせずに、太めに切って火を通してから、マリネにしても美味しく仕上がります。

パプリカは生のままでも美味しく食べられる野菜ですが、加熱することで、さらに甘みが増します。

その他、調味料を工夫して、ブラックペッパーニンニク唐辛子などを加える事によって、パプリカだけでも十分に満足いただける1品に仕上がります。

③プチトマト、トマト

マリネは、色々な野菜たちが主役で活躍しますが、プチトマトトマトもマリネにはよく使われる具材の一つです。

みじん切りの玉ねぎを合わせて、マリネにすることで様々な用途にお使いいただけます。

  • 生野菜にかけてサラダに
  • パスタにかけたり、和えたり
  • 主菜の付け合わせに
  • 冷奴の上からかけたり

何にでも応用が利くようになるのが嬉しい食材です。

少し青臭いトマトであってもマリネ液につけることによって、おいしく食べることができます。

トマトだけで食べるのが苦手な方も多いと思いますが、マリネにすることでトマト嫌いもなくなりますよ。

④胡瓜

酢の物には定番として使われるきゅうりですが、マリネにもよく合う具材です。

きゅうりとトマトのマリネの組み合わせをよく見かけますが、きゅうりだけでも美味しいマリネができます。

ピクルスの浅漬けと言いましょうか、ちょっとしたこってりの料理の箸休めにもなりますよ。

酢の物では薄切りにすることが多いですが、マリネにする場合は一口大の乱切りがオススメです。

⑤茄子

茄子もマリネにとてもよく合います。

特にやきやナスのマリネがおすすめです。

肉や魚介類と合わせるマリネもありますが、焼きなすにすることで茄子単体でもとても美味しいマリネに仕上がりますよ。

マリネ液に、柚子胡椒などの隠し味を入れることによって、副菜にも合わせることが出来るので是非試してみてください。

その他にも、茄子とトマトと組み合わせて、にんにくを加えたガーリック風のマリネにしてもとても美味しいです。

⑥きのこ

酢の物でも良く使われるきのこですが、マリネにもとても良く合います、シンプルにきのこだけで作るのも簡単でオススメです。

こってりとしたメニューの時など、キノコはとてもヘルシーで、マリネにすることによってさっぱり食べることができます。

きのこはフライパンでさっと炒めるか、 焼くなどしてからマリネ液につけるようにしましょう。

またきのこ炒める時はフライパンがしっかり温めて、しっかり焼くようにして炒めるのがポイントです。

しいたけを焼く時はしっかり焼いてキノコに汗が出てきたら、裏を返して焼くのがポイントです。

⑦人参

人参のマリネはキャロットラペに近い感じの味になります。

フランスの 家庭料理のサラダで、キャロット・ラペがありますが、 細切りの人参に、 マリネと同じ調味料に加えて、クミン粒マスタードなどが入っています。

具材もくるみやドライクランベリー、レーズンなどが合わさっているサラダです。

マリネを作る場合も同じ要領で作ってもいいし、少し材料を太くカットして、下茹でしてからマリネ液につけても美味しいです。

最後の隠し味として、粒マスタードなどを入れると人参だけでも十分美味しい副菜になりますよ。

⑧ズッキーニ

ズッキーニのマリネもズッキーニだけでとても美味しいマリネができますよ。

ズッキーニをオリーブオイルで焼いてからマリネ液につけてあげる作り方が一番おいしいと思います。

お好みでにんにくや唐辛子などを加えると。さらに香りや風味が増すのでズッキーニだけでもおつまみは副菜にピッタリの一品が仕上がりますよ。

⑨ピーマン

ピーマンのマリネはあまり聞きなれないかもしれませんが、マリネにすることでとても食べやすくなります。

ピーマンが苦手な方は玉ねぎと一緒に薄くスライスしてマリネ液につけて食べるといいですよ。

献立をたてた時に、野菜が少ないこともあると思います。

ピーマンのマリネであれば、さっと簡単に作れるのでオススメです。

ピーマンの使い道に困っている時は、ビタミンCも豊富に含まれ、美肌効果にもいい野菜なので、一度試してみましょう。

⑩レタス

レタスはマリネというよりはサラダによく使われる野菜ですが、マリネにもとても良く合います。

レタスだけでもおいしくいただけますが、ハム玉ねぎきゅうりなどと一緒に使うと一層美味しく食べることができます。

その他、大根きゅうりなどの野菜も相性が良いので、是非試してみてください。

ご自宅の冷蔵庫に、レタスがたくさん余っている時などは、マリネにすることによりたくさん消費することもできるのでオススメです。

⑪蕪

蕪もマリネにはとてもよく合う食材です。

特に、春の株は、甘みもましてとても柔らかいので、皮ごとマリネにして食べることができます。

蕪は、薬膳効果にも期待でき、葉も一緒にマリネすることができるので、蕪をたっぷり食べることができますよ。

⑫オクラ

変わり種としてオクラのマリネもオススメです。

マリネ液に、おろし生姜やニンニクを入れるとより一層おいしくいただけますよ。

色々な夏野菜と一緒にマリネにするのも美味しいですがオクラのマリネの場合、食材は一番トマトとよく合う気がします。 

少し隠し味として、アンチョビを入れるとさらに美味しくいただくことができますので是非試してみてください。

⑬ゴーヤ

ゴーヤはマリネにすることによって、苦味も軽減されてとても食べやすくなりますよ。

ゴーヤは、

  • 砂糖:塩=1:2

の割合で、塩もみしてから水で洗いして、さっと下茹ですることで苦味が和らぐので、下処理をしてからマリネ液につけることで一層おいしくいただけます。

特にゴーヤが苦手な方は、 アジやスモークサーモンなどと一緒にマリネにするととても食べやすくなりますよ。

ゴーヤが好きな方は、パクチーなどとも相性がいいので、アジやスモークサーモンなどと一緒に、アジアン風にテイストにするのも面白いですよ。

⑭キャベツ

キャベツは、ご自宅にもあることも多いのではないでしょうか。

副菜に困っている時やさっと作りたい時は、キャベツのマリネがオススメです。

マリネ液に、粒マスタードを加えてマリネ液を作れば、野菜単体で作っても、それぞれの野菜の美味しさを楽しむことができます。

酸味と甘みのバランスも良いので、もう1品欲しい時や簡単に作りたい時はオススメの食材です。

彩りが欲しい時は、人参を混ぜるだけでも鮮やかになります。

また、芽キャベツを入れることによって、プチトマトや一口サイズのモッツァレラチーズなどと合わせると見た目もコロコロして見た目も可愛いので、食欲が沸いてきますよ。

⑮カリフラワー

カリフラワーはピクルスとしてもよく使われる具材ですが、マリネとの相性も抜群です。

カリフラワーを塩茹でした後、ザルで水気を切り、粗熱が取れてからキッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。

カリフラワーもビタミンCが多い食材ですので、栄養面で取り入れたい食材です。

合う食材としてはエビや ベーコンなどと組み合わせるのがおすすめです。

またカレー粉を少し加えると、カリフラワーに色がついたカレー風味のマリネになり、カリフラワーならではの美味しさを味わうことができますよ。

⑯れんこん

野菜の根菜類の中でレンコンはマリネにとてもよく合います。

れんこんのサクサク感がクセになって、献立を立てる際の肉料理や魚料理の付け合わせとしても活躍します。

栄養面においても、

  • ビタミンC
  • カリウム
  • 食物繊維

などが豊富に含まれていますので、女性の方には嬉しい栄養素がたっぷり含まれています。

水煮レンコンが売ってることも多いですが、 値段は安いですが、食感が結構固いです。

値段は高いのが難点ですが、生のレンコンの使用をオススメします。

その他の選択肢

①モッツァレラチーズ

肉や魚介類、野菜などと組み合わせるマリネもいいですが、モッツァレラチーズを加えることでボリュームや見た目もおしゃれでお酒のおつまみやおもてなしの料理にも変身します。

ご自宅にハーブソルトやクレイジーソルトがある方は少し入れることによって本格的なマリネも作ることができます。

マリネ、カルパッチョ、ピクルス、酢の物はどう違うの?

  • マリネとは

フランス発祥で、ワインや酢や油などに、香草や香辛料を入れた物をマリナードと言います。

マリナードに材料を漬け込む調理法の事です。

食材を柔らかくしたり、肉や魚介類の独特のにおいをやわらげたり、風味を増すためにマリネします。

また、魚を丸ごと油で揚げて(小麦粉につけて揚げる場合もある)から酢をきかせたマリナードに漬け込んだ冷製料理のことをエスカベッシュと言います。

日本ではこれを南蛮漬にあたります。

  • カルパッチョとの違い

イタリア料理で、生ハムのように薄切りにした、牛肉を野菜などをのせて、 オイルやレモン汁ソースをかけた料理の名前です。

パルミジャーノレジャーノの薄切りを載せる方法もありますが、

基本的には食材にソースをかけるものをカルパッチョ、漬け込むものをマリネとの違いです。

実際のところは、マリネはフランスの発祥地、カルパッチョはイタリアの発祥地で調理法や作り方などが違います。

  • ピクルスとは

ピクルスはお酢や香辛料などをベースにしたものに漬け込んだ「西洋の漬物」の総称です。

ピクルスは塩漬けにした野菜を、酢を中心とした浸け汁に、浸け込む事で長期間保存することに意味があります。

見た目には、大差はありませんが浅くつけたものをマリネ、じっくり長く漬け込んだものをピクルスと理解すると良いでしょう。

  • 酢の物とは

酢の物は、魚介類、野菜類、海藻類などを合わせ酢で和えた料理のことです。

マリネとよく似ていますが、味付けや合わせる具材が異なることで、料理は全く別物です。

別記事で、酢の物に合う具材について詳しくご紹介していますので料理のバリエーションを増やすためにも是非参考にしてみてください。👇

マリネ液レシピ公開!

日本では、サッと合わせるものが多いですが、ここでは火を通すマリネ(マリナード)をご紹介します。

①エキストラバージンオリーブオイル…50㎖

②にんにく…2片(みじん切りする)

③白ワインビネガー(酢、リンゴ酢代用可)…100㎖

④白ワイン…100㎖

⑤砂糖…10g

⑥アンチョビ…小さじ1(塩小さじ1/2~1代用可)

⑦ブラックペッパー(胡椒で代用可)…少々

⑧ローリエ…1枚

⑨★塩胡椒…適量(味の微調整に使う)

 

~作り方~

①…オリーブ油を鍋に入れ、アンチョビ、にんにく、ローリエを入れて、香りが出るまで炒めます。

②…白ワインを入れてアルコールを飛ばしたら、白ワインビネガー、砂糖を入れます。

③…②を軽く煮立たせ、最後にブラックペッパーを入れて完成。(入れたい方は、塩胡椒を少々入れる)

 

※マリネに醤油を入れることはレシピとして少ないですが、薄口醤油を小さじ1ほど入れてあげると、味がまろやかになりますよ。

日本人の舌によく合うのでマリネ液が苦手な方は少し醤油を入れるのがポイントです。

2週間は、日持ちするので、保存容器に入れて保存してください。

また、甘さは砂糖で調整してください。

その他、ローズマリーやタイムを入れるとハーブの香りが出るので、肉や魚介などの臭いがましになるので、色々アレンジしてみて下さい。

また、

  • コリアンダー
  • クミン
  • カレー粉

を入れれば、香りも変わります。

ワインを

  • 赤ワインビネガー、リンゴ酢

に変えたり、砂糖を

  • 蜂蜜

などに変えたり、プラスしてあげると、いろいろなアレンジのマリネ液が完成します。

マリネする食材や、味の好みによってチョイスしてみて下さいね。

まとめ。。。

この記事ではマリネを中心とした具材をご紹介しましたが、組み合わせる食材によって多種多様なマリネが作れます。

酢の物も美味しいですが、 洋食の献立であれば、マリネと合わせやすいです。

その日の献立や料理によってマリネを作ってみて下さいね。

同じような料理が多いですが、具材の組み合わせや調味料をアレンジすることで、多種多様な料理ができるので、是非普段の献立に合わせてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました