料理全般 娯楽

ビビンバの具材を全力チェック!本格派から変わり種まで全部紹介するよ

この記事は約11分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

ビビンバと言えばゼンマイや、大豆もやしなどと思いがちですが、色々と組み合わせることで、色々なビビンバが出来ます。

今は韓流ドラマから、韓国料理まで、日本でも専門店まで増える時代になりましたね。

ビビンバは、韓国料理の一つで、韓国混ぜご飯の事ですね。

ナムルとはごま油やしょうゆ、ニンニクなどで味付けした和え物のことを言います。

正式名は、「ビビンパプ」で、炊きあがった米に、和え物や、肉や、魚介、キムチをのせた料理ですが、肉は、ひき肉が多く見られますね。

コチュジャン味噌にあう具材は、他にも沢山ありますので色々見ていきましょう。

まずは基本から知っておこう!基本的なビビンバの具材

まずは、オーソドックスな、ビビンバの定番の具材を見ていきましょう。

私たち日本人が喜ぶ具材は?

①牛肉(細切れ肉、ひき肉)

ビビンバには良く入っているひき肉ですが、細切れや、スライス肉もお店や、ご家庭によって、チョイスしてみてると肉のバリエーションが広がりますよ。

牛肉でなくても問題ないので、牛肉が家にない場合は、豚肉や鶏肉でも代用して作ってみて下さい。

自分の使いたい肉を利用する事は、料理には必要なので、味付けをそれぞれ料理に合った味付けをする事でカバーできますよ。

②ゼンマイ

ゼンマイのナムル(コビナムル)もビビンバにはよく合わせます。

水煮が良く売られていますが、旬の春に生のゼンマイは、一味違った、ナムルになるので、一度は作ってみてはいかがでしょうか。

③ほうれん草

ほうれん草もビビンバには定番の具材です。

韓国ナムルには、小松菜や青梗菜を使うこともあるので、ほうれん草の代わりに使ってみましょう。

ご自宅にあるもので料理が出来れば達成感が嬉しく感じます。

その他に、冷凍ホウレン草や小松菜もあるので、時間がない時や忙しい時は、切る手間も省けて便利ですよ。

生の食材が美味しいですが、冷凍野菜はコスパが安いので、お財布にも優しいので、上手に活用すれば食費が下がりますよ。

④大豆もやし

大豆もやしもビビンバには欠かせない食材のひとつです。

大豆もやしの代わりにもやしでも代用できますし、もやしであれば、一年中安価で手に入るので、ご家庭にはありがたい食材です。

大豆もやしはもやしに比べて少し値段は高くはなりますが、もやしの中でも大豆イソフラボンが豊富に含まれており、栄養価が高いのが特徴です。

⑤人参

人参葉ビビンバには欠かせない食材で、ビビンバに入れることによって、色合いも鮮やかになります。

人参は、酢で味付けをする場合やナムルのように味付ける場合など、作り方は多種多様なので自分に合った味付けを見つけるのが良いかと思います。

また、人参は、薬膳効果もあり、目の乾燥視力低下肝機能改善食欲不振老化防止と人参は栄養満点の食材です。

⑥キムチ

キムチはたくさん種類があって、チョイスするのが難しいと思います。

韓国の方が直売してる店が美味しいのは否めません。

また、大阪では鶴橋ではキムチが有名です。

キムチは酸味が強いもの、甘みが強いもの、塩気が強いものがあり、

  • 熟成キムチ
  • 発酵キムチ
  • 浅漬けキムチ

で分類されるので、そこから、御好みのキムチを選ぶといいでしょう。

ビビンバは酸味が少ない、熟成キムチが一番おススメです。

あまりキムチを食べたことない方は、「東海漬物のコクウマ」がはずれがないと思います。

⑦玉子

日本では、温泉玉子を使うことが多いですが、一番ビビンバに合うと思います。

石焼であれば、黄身だけ使いますが、店によっては、全卵を使う場合もあります。

  • 高齢者の方
  • 2才以下の乳幼児
  • 妊娠中の女性
  • 免疫機能が低下している方

は、卵の生食を避けてくださいね。

変わり種はどんなものがある?

 

変わり種

①アボカド…すりごまと少量マヨネーズ

②大根の葉…塩を少々をまぶして5分おいて絞り、さっとゆでて、塩、ニンニク、ごま油で味付け(塩茹でもOK!)

③キャベツ(レッドキャベツ)…塩を少々をまぶして5分水にさらす→酢、ごま油で味付け

④胡瓜…塩を少々をまぶして5分→水にさらす→塩、ニンニク、ごま油で味付け

 

⑤青梗菜…湯がいて、ゴマ油、砂糖、塩で味付け

 

⑥きのこ類(干しシイタケ)…きのこ類をよく炒め、塩 、白ごま で味付け、干しシイタケは戻して、塩、砂糖、ごま油、醤油で味付け。

 

⑦納豆…パックのたれと辛子を使って、そのまま混ぜる

 

⑧大根…塩もみ3分程→水にさらす。酢、砂糖、ごま、塩で味付け

 

⑨コーン…塩、白ごま、ごま油、万能ねぎで味付け

 

⑩にら…さっとゆでて、にんにく、ごま油、塩で味付け

 

⑪ひじき…水でもどして、ダシ、醤油、砂糖、みりんで煮込む。最後にごま油。

 

⑫まぐろ…炙っても、そのままでも、ニンニク醤油、ごマ油で味付け

 

⑬厚揚げ…ダシ、醤油、砂糖みりんで炊く。最後にごま油(うどんだし位がベスト)

 

⑭オクラ…塩茹でして、冷ましたら、ニンニク、塩、砂糖、ごま油で味付け。

 

⑮水煮三菜…市販の物は味がついているので、さっと湯がいて、ごま油、すりごまで和える。

 

⑯トマト(プチトマト)…塩とごま油で味付け

 

⑰干し海老…そのまま使用するか、佃煮でもOK!(味は薄味で)

 

⑱海鮮類…酒、みりん、しょうゆ、おろしにんにく、おろし生姜、コチュジャンで味付け(肉替わりに代用する場合は、肉と同様に味を付ける)

 

⑲桔梗の根(ドラジ)…ドラジはキムチ漬けにしたものです。

キムチの代わりに使うのもオススメです。

乾燥が手に入りやすいので、⇩下記⇩にリンクを貼っていますので参考にしてみて下さい。

普通のスーパーでは、なかなか手に入りにくい食材です。

 

⑳白身魚…塩胡椒で、下味をつけて、片栗粉でまぶしてフライパンで焼く。

 

㉑茄子…さっと炒めて醤油、ダシダ、ニンニクで和える

 

㉒ズッキーニ…さっと炒めて、ダシダ、醤油、ニンニク、ごま油で和える。

 

㉓蒸し鶏…焼いても、サラダチキンにしても、ひき肉で牛肉代わりにでも、何でも良く合います。

 

㉔パプリカ…塩、コショウ、酢、おろしニンニク、ゴマ油で味付け

色々ご紹介しましたが、味付けはお好みで調整してくださいね。

コチュジャンたれもかけるので、味が濃くならないように、微調整する事が大事です。

変わり種も色々あると思うので、好きな変わり種をチョイスしてみてくださいね。

★ダシダは韓国のダシの素みたいなもので、牛肉のコンソメみたいな味です。どんな料理にも合わせやすいので、ご家庭に一つあれば、凄く重宝しますよ。ビビンバでも、ハンバーグでも、少し入れるだけで一変しますよ。

ビビンバの具材の基本レシピとアレンジ方法

この章では、基本のビビンバと、簡単にできるアレンジビビンバをご紹介したいと思います。

基本のビビンバが作れたら、色々応用が利きますので、是非チャレンジしてみてください。

ビビンバ基本レシピ

 

~材料2人分~

①牛ミンチ…100g

②ゼンマイ水煮…150g

③大豆もやし(なければもやし)…130g

④人参…100g

⑤ほうれん草…160g

⑥キムチ…40g

⑥卵(温泉玉子)…2個

⑦ニンニク…3片(おろしにんにくでもよい)

⑧白ネギ…大さじ1(みじん切りにしておく)

⑧白ごま、すりごま…適量

⑳韓国海苔…6枚(切り海苔にカットする)

~調味料~

①塩、胡椒…適量

②砂糖…適量

③酢…適量

④みりん…適量

⑤酒…適量

⑥ゴマ油…適量

⑦コチュジャン味噌…適量

⑧ダシダ(なければ鶏ガラスープの素)…適量

~作り方~

①…分量の牛ひき肉、白ネギみじん切り…大さじ1…を鍋またはフライパンに入れて、しょうゆ…大さじ1、砂糖各…小さじ1、おろしにんにく…少々、を加えて煮からめて最後にごま油を入れる。

②…ゼンマイは、5㎝幅に食べやすく切って、熱湯でゆでこぼしてザルにあける。
ごま油…小さじ1、おろしにんにく…少々を加えて炒めて、水カップ3/4、砂糖小さじ…1/2、ダシダ…少々、しょうゆ…大さじ1、コチュジャン小さじ1、沸騰したら、弱火~中火で煮含める。
仕上げの少し前にすりごま…小さじ1を入れる。

③…大豆もやしは、塩少々を入れた、お湯を沸かし、熱湯で3分間ゆでる(大豆もやしの場合は硬さを見る)。
茹で上がったら、良く絞って、水けをきってから、ごま油…小さじ2、すりごま…小さじ1、おろしにんにく少々、塩…少々であえる。

④…にんじんは、マッチ棒ほどの千切りにし、熱湯でゆでる。そのまま、ザルにあけて、そのまま冷まして、水けをきって、塩・こしょう・おろしにんにく…各少々、すりごま…小さじ1、ごま油…大さじ1であえる。

⑤…ほうれん草を3cm長さに切ってから、たっぷりの熱湯に、塩少々入れて茹でて、冷水にとり、水けをよく絞る。さらに水けを絞る。ボウルに入れてほぐし、ごま油大さじ1、すりごま小さじ1、塩・おろしにんにく各少々を加えてあえる。

⑥…温泉玉子を準備する。(または、冷蔵庫の常温卵、75℃で、17分で出来ます。)

⑦器にご飯を盛り、①~⑥とキムチをのせる。最後に、切りのり、コチュジャン適宜を加えてよく混ぜて食べます。

コチュジャン味噌の作り方

作り方①…コチュジャン…60g、コーヒーシロップ…2個、砂糖…大さじ1、

おろしニンニク…小さじ1、ごま油と白ごま…少々、ダシダ…少々
(全て混ぜあわせる)固い場合は、薄いダシダのダシでのばす。

 

作り方②…コチュジャン…100g、玉ねぎ…1/6個
りんご…30g、粉唐辛子…小さじ1、水飴…小さじ1

(リンゴ、玉葱、玉葱はすりおろしてしっかりと混ぜ合わせる。一晩寝かせる)

★大根を入れる場合…1㎝×3㎝×2㎜の短冊切りにし、たっぷりの熱湯に、塩少々入れて茹でて(薄くしている場合は塩もみでもよい)、酢…小さじ1/2、砂糖…小さじ1/2、ごま…少々、塩少々であえる。

ビビンバのアレンジ方法

①ホットプレートで作る

①先ほどの作りから、ナムルを全て準備する。

②ホットプレートにごま油の1/4量(大さじ1/2)を入れて中温に熱し、ごはんを入れてほぐしながら炒める。

③ごはんを全体に広げ、牛ミンチ、ゼンマイ水煮、大豆もやし(なければもやし)、人参、ほうれん草、キムチ、卵(温泉玉子又は黄身)を並べて盛り付け、白いりごまと韓国海苔をちらす。

おもてなしのビビンバが出来るのでオススメです。

②ズボラビビンバにする

❶…強火で熱したフライパンにごま油をひきます。
❷…牛肉又はひき肉を炒めて、大豆もやし(さっと一回下茹で)、→ ゼンマイ(下茹でする)、→ 人参、→ ほうれん草を炒める。
❸塩胡椒、ニンニク、醤油、砂糖、ダシダ(なければ、鶏ガラスープの素)、ゴマ油を入れて味を調えます。全体に味が馴染んだら火から下ろします。
❹どんぶりにお好みの量のご飯をよそい、❸をのせます。
温泉玉子、のり、コチュジャンをトッピングして完成です。

ビビンバの具材を全て準備するのはとても大変ですよね。

一つ一つのナムルを作るというのはすごく大変な作業です。

時間がないときや、簡単にビビンバが食べたい時にとても重宝するのでおすすめです。

③石焼ビビンバ風にする

ビビンバといえば石焼ビビンバですが、自宅で石焼きビビンバをするのはすごく大変ですね。

しっかり焼いた石焼ビビンバはとてもおいしいですよね。

ズボラビビンバに近いのですが、ご飯に全て味をつけて、具材を入れて全て混ぜ、しっかり炒めることで、熱々のビビンバチャーハンみたいになります。 

子供などに作る場合は、ご飯を焼肉のタレで炒めて、そしてそのナムルを混ぜ合わせれば、辛くないビビンバチャーハンにもなり、ご飯に滑って混ざっているのですごく食べやすいのでおすすめですよ。

温泉卵、 韓国のり、 お好みでコチュジャン味噌をかけて完成です 。

ビビンバのナムルについて

ナムルとは韓国料理の和え物のことです。

材料を生のままで使うセンチェ(生菜)と、茹でて使うスッチェ(熟菜) と二つありますが、一般的には茹でたものを言います。

青菜類、 大豆もやし、ほうれん草などの野菜類やゼンマイなどが主に使われてますよね。

醤油、おろしにんにく、ごま油、いりごま、粉唐辛子などで味付けをするものです。

仏教の伝播とともに、精進料理の流れをくんで発達しました。
ナムルは栄養価の高いごまやごま油をふんだんに使っていることが特徴でもあり、多彩な材料により焼肉だけでは、不足しがちなビタミンCや繊維を補える、優れた料理なんですね。

まとめ。。。

ビビンバの変わり種は沢山ある事がおわかりいただけたと思います。

具材や、味付けを工夫すれば子供から大人も楽しめ、アレンジをすれば色々違った、ビビンバが出来上がりますね。

ご自宅でご飯を作る場合も、ホットプレートを使えば簡単に作る事が出来ますし、ズボラビビンバにすれば、毎日の食卓に出来るので、少しでもご家庭のメニューのレパートリーを加えて頂けたらと思います。

 

料理全般料理・具材
スポンサーリンク
 
シェアする
フォロー ヨロシクです!!
Magic Kitchen【マジックキッチン】(娯楽台所)

コメント

タイトルとURLをコピーしました