料理全般 娯楽

ローストビーフの献立とバリエーション、副菜から汁物まで、おもてなしまでチェックしよう!

この記事は約12分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

ローストビーフは、牛肉の塊を蒸し焼きにしたイギリスが発祥の料理で、肉を焚火で炊いたのが始まりと言われます。

イギリスでは、伝統的に日曜日の午後に食べる昼食(サンデーロースト)のメインディッシュとされているローストビーフ。

ローストビーフは、世界中で愛される人気メニューで、グレイビーソースやわさびが、ローストビーフには良く合いますよね。

日本では、正月や御祝いの時、パーティーの定番メニューにもよく出てきます。

おもてなしや、お酒のおつまみにしてもぴったりなローストビーフをそのまま食べるのも美味しいですが、食事にするとなれば、どういうおかずをつけたらいいのか悩みますよね。

そんなローストビーフに合う副菜や汁物、 ローストビーフのアレンジまで色々とご紹介したいと思います。

色々な献立を見ていこう!私の店でのローストビーフの献立例!

MAGIC KITCHEN
食事献立
メニュー
献立例A
献立例B
ごはん
ローストビーフ(グレイビーソース)
ごぼうサラダ
きのこのガーリック炒め
味噌汁(切干大根、若布、葱)
麦飯
ローストビーフ グレイビーソース
カレー風味マカロニサラダ
ヴィシソワーズ
昼食/夕食
昼食/夕食
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
707 28.6 831 30.7
脂質(g)
コレステロール(mg)
脂質(g)
コレステロール(mg)
19.5 60 26.7 83
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
101.6 7.7 112.2 6.2
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
105 40 112 55
食塩相当量(g)
食塩相当量(g)
43.6
※ 仕入れ状況により、栄養価ともに一部変更する場合があります。     (株) マジックキッチン
★米の栄養価は全て含まれています。  (日曜日定休日)      TEL  06-〇〇〇〇-〇〇〇〇

 献立A

 献立B

献立A

あっさりとした、和食メインの献立にしました。

ローストビーフは和食ともよく合うので、和食と組みあわせるのもオススメです。

品数は、主菜や副菜の量にもよりますが、少しの量で、品数が欲しい方は、こちらの献立がオススメ。

ローストビーフは、味噌汁やすまし汁とも相性がいいですよ。
また、ローストビーフは、野菜と一緒に食べると美味しいので、ローストビーフの付け合わせに、

  • 生野菜
  • 焼き野菜
  • 蒸し野菜

などを添えてあげると、野菜も沢山食べれられ、食卓も華やかになりますよ。

ローストビーフにあっさりがいい方は、洋風であればトマト系のスープと合わせるといいですね。

献立B

こちらは、洋食中心の献立に仕上げました。

ローストビーフは、和食との組み合わせも合わせやすく、グラタンやキッシュなども相性抜群です。
揚げものと合わせてもボリュームもアップします。

こちらの献立も、あっさりの献立となっていますが、汁物も具沢山にすれば、がっつりとした献立になるので、

  • 朝食
  • 昼食
  • 夕食

などに分けて考えるといいですよ。

スープはヴィシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)ですが、ローストビーフとの相性は抜群です。

温かくしても美味しいスープです。

まずは全品を!ローストビーフの時の献立例!

その他にも、あさっりとした組み合わせから、ボリュームのある献立まで見ていきましょう。

献立アイデア①あっさりしたローストビーフの献立例

献立アイデア①-1

 
献立アイデア①-1

①ピラフ

②ローストビーフ

③マッシュポテト

④ブロッコリーとカリフラワーのポタージュ

 

マッシュポテトは欧米ではよく食べられている料理であり、伝統料理の一つです。

肉料理にはじゃがいもは相性抜群です。

主食のご飯については、白いご飯でも問題ありませんが、ピラフをつけるだけでとても豪華な献立になります。

スープはブロッコリーとカリフラワーの野菜だけで作れば、カロリーを抑えることができます。

写真にあるように、ローストビーフやマッシュポテトに野菜を付け合わせてあげると 、栄養面においても安心、献立としても豪華に仕上がりますよ。

 

献立アイデア①-2

 
献立アイデア①-2

①トマトスープリゾット

②ローストビーフ

蒸し野菜のマリネ

 

主食をリゾットにすることで、主食とスープを兼ね合わせた献立になります。

また、品数も減らすことができるので、献立がとても楽になります。

主食をドリアにした場合は、どうしてもカロリーが上がってしまうので、トマトベースのリゾットにしてあげるとさっぱりとした献立になります。

副菜を蒸し野菜のマリネにしていますので、とても健康的です。

蒸し野菜を焼き野菜に変えたりする事で、野菜の食感や風味が変わるので、調理法を変えるのもいいですね。 

献立アイデア②がっつり行きたい場合は?

献立アイデア②-1

 
献立アイデア②-1

①ご飯

②ローストビーフ

③野菜ギョーザチーズがけ

④豆乳ソーメン

 

がっつりの献立の組み合わせは、量を増やすというのも一つの方法ですが、献立としての組み合わせをがっつりさせるには、 副菜にボリュームを持たせる必要があります。

ここでは、野菜餃子にチーズソースをかけた副菜をチョイスしました。

スープに関しては、豆乳をコンソメで味付けをして、

  • アボカド、豆腐、玉ねぎ、人参

などを1㎝の角切りにして煮込み、

  • カニカマ、青ネギ、炒りごま

をトッピングしたそうめんです。 

体にいいことはもちろんのこと、豆乳そうめんだけでも腹持ちのいい汁物です。

例えるなら、

冷麺のような、
クラムチャウダーのような、

そんなスープです。

献立アイデア②-2

 
献立アイデア②-2

①ドリア

②ローストビーフ

③野菜たっぷりタルタルサラダ

④グリーンピースのポタージュ

 

ドリアを主食にすることで、それだけでもお腹を満たしてくれます。

こちらの献立はシーフードドリアにしていますが、お好きなものをチョイスしてみましょう。

副菜にサラダを合わせて、自家製タルタルソースをかけました。

スープは、グリーンピースをミキサーにかけて作った、ポタージュスープです。

グリーンピースが苦手という方でも、じゃがいもと合わせて、ミキサーでポタージュにするとグリンピースとは分からないほど美味しくいただけますよ。

それでも物足りない場合などには、スープをポトフやスープカレーにしてあげることで、よく食べる男性の方などには、満足いただける献立になると思います。

献立アイディア③おもてなしにする場合の献立

献立アイデア③

 
献立アイデア③

①ヨークシャー・プディング

②ローストビーフ

③ズッキーニのピザ

④フライドポテト

⑤ミモザサラダ

⑥スープカレー

 

組み合わせによってはローストビーフはおもてなしにもなりますよね。

品数を増やせばパーティーにも。

白いご飯ではなく、ヨークシャー・プディングにすることで、食卓がおもてなしになります。

ヨークシャー・プディングとはイギリスでは、

  • ローストビーフなどの肉料理の付け合わせ

としてよく使われ、

イングランドのヨークシャーで生まれたイギリスの家庭料理の一つで、

  • ホースラディッシュソース
  • グレイビーソース

をかけて食べます。

食感は、ふわふわもちもちとしたシュークリームの皮のような感じで、おうち居酒屋にもなりそうですね。

例えば、

  • パスタ
  • ドリア
  • 焼カレー
  • ラザニア

などと組み合わせてもいいですね。

子供から大人まで喜んでくれるので、たまにはおもてなしもいいですよ。

それ以外のメニューもおさえておこう!

副菜5選

①生春巻きと揚げ春巻き

ローストビーフに中華春巻きではなく、エスニック系の春巻きはとてもよく合います。

生春巻きはベトナム料理で有名な春巻きですが、野菜もたくさん取ることができるので 栄養面においても優れています。

スモークサーモンやアボカド、ボイルした海老にパクチーやレタス、生ハムやかいわれ大根など、お好きな具材を挟んでソースにつけて食べる料理です。

ソースは、

  • レモン汁
  • ナンプラー
  • ピーナッツクリーム
  • パームシュガー(砂糖で代用可)

など合わせたもので作ります。

ローストビーフと組み合わせると、ホームパーティーなどのおもてなしにぴったりですよ。

その他にもアボカドもおすすめの具材です。

是非ローストビーフのお供にしてみてはいかがでしょうか。

②ジャガイモのキッシュ

ご自宅で作る場合は、パイシートを使うと簡単に作ることができます。

マッシュポテトを入れることが定番ですが、ご家庭で作ったポテトサラダが余った場合は、それを利用してもいいですね。

温かいうちに食べると、ローストビーフとのハーモニーは最高ですよ。

お好みでバジルソースやトマトソースをチョイスしてもいいですね。

③マセドアンサラダ

マセドアンの意味は、

  • さいの目切り

という意味です。

副菜の役目は、

  • 栄養面
  • 肉料理の消化と吸収

を助けるものです。

じゃがいもやさつまいもは、煮崩れしないように、茹で時間を調整すると、上手に作ることができますよ。

人参は硬いので、一番先に茹でましょう。

茹で上がった野菜は、水にさらすのではなく、風通しの良いところで、そのまま冷ましましょう。

水にさらすと、水分を含んで水っぽくなりサラダが台無しになります。

冷めてから、

  • 塩コショウ
  • マヨネーズ

で和えて作ります。

マヨネーズ系のサラダの中でも食感を楽しめるサラダです。

④海老フライ

がっつり食べたい方などにおすすめのおかずです。

子供から大人までみんなが喜ぶ海老フライ。

ローストビーフに海老フライは、少し贅沢ではありますが、日々の食生活の中でたまには豪華なおもてなしもいいのではないでしょうか。

パーティーなどに、有頭エビフライを使えば、豪華なおもてなしにもなるのでぜひ試してみてくださいね。

⑤鮭のムニエルきのこバターソースがけ

洋食の定番の鮭のムニエルに、きのこバターソースをかけたメニューになります。

鮭のムニエルは、トマトソース、タルタルソースが一般的ですが、 鮭を焼いたフライパンに、きのこを炒めて生クリームを加えます。

塩コショウで味を調えて鮭の上からかけるだけで簡単に作ることができます。

洋食は一つ一つが、時間がかかる料理が多いので、ソースなどは、工夫すれば時短にもなり、簡単に作ることができますよ。

スープ5選

①海老のビスク

ビスクとは、

  • エビやカニなどの甲殻類を使ったスープ

のことで、フランス料理の定番です。

アメリケーヌソースはトマトが入るので、全く同じとは言えませんが、クリーミーな味わいがプラスされた濃厚な味です。

手間暇かかるスープですので、料理が完成した時は、幸せのひと時が過ごせます。

ご自宅で作る時は、ミキサーを使って作れば比較的簡単に作ることができます。

②コーンクリームスープ

クリームコーンの缶詰があれば簡単に作れるので、時間がないときはおすすめのスープです。

甘みがあり、とうもろこしの香りが食欲をそそります。

ローストビーフは、ミルク系のスープとの相性はとても良いです。

定番のクリームスープは、小さいお子様やご高齢者の方でも食べやすいスープですね。

ローストビーフと合わせると朝食にもぴったりなので、試してみてくださいね。

③鱈とほうれん草のクリームスープ

クリームシチューは鶏肉が一般的です。

クラムチャウダーはあさりがベースに入っています。

鱈もクリーム系のスープにはとてもよく合う食材です。

クラムチャウダーのあさりを鱈に変えるだけで、
クリームシチューの場合は鶏肉を鱈に変えるだけで雰囲気がガラリと変わるので、マンネリした時は、鱈を入れるとボリュームもアップしたスープになりますよ。

ほうれん草を入れる場合、たっぷりのお湯でさっと塩茹でしてから入れてあげると、ほうれん草の色も飛びにくくなりますよ。 

④干し貝柱の中華スープ

干し貝柱の旨みがたっぷり入った、鶏がらベースのスープです。

少しお値段は高いですが、普段の中華スープに、干し貝柱を入れるだけでとても味わい深いスープに仕上がります。

ローストビーフは洋食でありながら、色々なスープに合わせやすいのがいいですね。

その他にも、きのこ類などの具材をプラスすると、とても豪華なスープに仕上がります。 

フカヒレスープに劣らないクオリティのスープです。

⑤根菜類のトマトスープ

根菜類のトマトスープは、食物繊維もとれ、腹持ちもいいので、お肉やベーコンがなくてもボリュームのある献立になりますよ。

レンコンや大根、蕪などもトマトベースのスープにはよく合うので、冬の寒い日に是非作ってほしいスープです。

ローストビーフ丼にするのも一つの手

ローストビーフ丼

ローストビーフの献立に迷った時は、 ローストビーフ丼を作るのもありです。

お店に行かなくても、ご自宅で簡単にローストビーフ丼を作ることができます。

ローストビーフをご飯にのせて、

  • オニオンソース
  • グレイビーソース
  • 玉葱ソース

お好きなソースをかけるだけです。

トッピングとしては、

  • 大根おろし
  • かいわれ大根
  • 温泉卵

の相性が抜群です。 

少しこってりが好きな方は、

  • マヨネーズ
  • 粒マスタード

を混ぜて少し生クリームでのばします。

このソースをかけるだけでも、腹持ちのいいローストビーフ丼が完成しますよ。

その他にも、

  • ローストビーフおにぎり
  • ローストビーフにぎり寿司
  • ローストビーフサンドイッチ
  • ローストビーフピラフやローストビーフチャーハン

などがありますので、 是非いろいろとアレンジローストビーフも試してみてくださいね。

特にローストビーフと酢飯の相性は絶妙です。

ローストビーフ肉寿司のトッピングに、

  • にんにく
  • わさび醤油

をつけると美味しいですよ。 

ローストビーフを日持ちさせる方法は?

 
たくさん作りすぎてしまったローストビーフはどうしたらいいかと迷うこともあると思います。

余ったローストビーフは、適切に保存することで長持ちすることができます。

ここでは冷凍保存に関することについて、ご紹介したいと思います。

また、ローストビーフは、酸化を防ぐことが、とても大切です。

①できるだけ急速冷凍にする

ローストビーフに限らず、冷凍する場合は急速冷凍が1番新鮮さを保ってます。

ご家庭では、なかなか難しいので、アルミのトレイやアルミホイルなどで保存することをオススメします。

アルミは伝導率が高いので、通常の冷凍をよりも早く冷凍することができます。

②余分な水分を拭き取る

ローストビーフの表面についている水分などをキッチンペーパーなどで拭いておきましょう。

水分は雑菌の増殖させたり、臭みの原因になったりすることもあるので、水分をしっかり拭き取ることが大切です。

③保存袋で真空状態を作る、またはラップやアルミホイルなどで密封する

プラスチック容器を使う場合は、真空状態を作れるものを選ぶと便利ですよ。

その他にも食材を保存することができるので、とても重宝します。

または保存袋やジップロックなどで、しっかりと空気を抜いて保存することが、美味しさを保つ秘訣にもなります。

ご自宅にラップやアルミホイルしかない場合は、ラップで1枚ずつ密封して、最後にアルミホイルでしっかりと覆ってあげることで、空気に触れる部分も少なくなり、アルミホイルで早く冷凍もできるので一石二鳥です。

ラップとアルミホイルだけでも、十分に長持ちさせることができます。

まとめ。。。

ローストビーフはとても豪華ですが、ホームパーティーやおもてなしの時には食べたいメニューの一つでもありますよね。

ローストビーフは、洋風のイメージで合わせやすいと思いがちですが、和食との相性が抜群です。和食だけの献立にも合わせやすいのがいいですね。

普段の食事からおもてなしまで幅広い献立を作ることはできるローストビーフは、是非食卓に並べて欲しいメニューの一つでもあります。 

もも肉のブロックがあれば、ご自宅でも比較的安く作れるので、是非挑戦してみてくださいね。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました