料理全般 娯楽

海老ピラフの献立とバリエーション、主菜から汁物まで、基本レシピも紹介するよ

この記事は約14分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

ピラフといえば、海老ピラフやカレーピラフ、色々なピラフがありますが、ピラフだけでも栄養があり、食卓に並ぶと華やかになります。

ここでは、海老ピラフに視点をおいて、献立に合うものをご紹介しています。

少し小腹が空いた時にピラフを食べるのはいいですが、昼食や夕食の献立にピラフだけというわけにはいきません。

ご飯に味が付いているので、白いご飯に比べると合わせるおかずをは何を合わせたらいいのかと悩むことも多いと思います。

ピラフは簡単で美味しい、懐かしいカフェの軽食メニューでもあるピラフの、合うおかずから汁物まで、基本的な作り方から、ピラフの美味しく作るコツなどをご紹介したいと思います。

色々な献立を見ていこう!私の店での海老ピラフの献立例!

MAGIC KITCHEN
食事献立
メニュー
献立例A
献立例B
エビピラフ
チキンステーキ(ラビゴットソース)
鮭カレーポテトサラダ
きんとき豆と野菜のスープ
エビピラフ
白身魚のポワレ(レモンバターソース)
ポテトグラタン
さつまいもとベーコンのスープ
昼食/夕食
昼食/夕食
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
77829.9 920 32.3
脂質(g)
コレステロール(mg)
脂質(g)
コレステロール(mg)
23144 34.4 119
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
109.411.8 115.54
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
119 5726658
食塩相当量(g)
食塩相当量(g)
3.75.6
※ 仕入れ状況により、栄養価ともに一部変更する場合があります。     (株) マジックキッチン
★米の栄養価は全て含まれています。  (日曜日定休日)      TEL  06-〇〇〇〇-〇〇〇〇

献立A

 献立B

献立A

海老ピラフはそれだけでも美味しいですが、味がついていてもあっさりしています。

主菜や副菜は洋食が合わせやすいですが、肉料理や魚料理が良く合います。
こちらの献立は、肉料理をチョイスしました。

ラビゴットソースは、酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースで、酢を白ワインビネガー、米油(または、オリーブオイル)塩胡椒にみじん切りの野菜を混ぜた、さっぱりしたソースです。

チキンステーキに、ラビゴットソースをかけることによりさっぱりとした料理になりますよ。

汁物は、金時豆やズッキーニ、人参などの野菜を煮込んだスープにしました。
味付けは、トマトベースやコンソメがよく合います。

献立B

主菜は魚料理で献立を立てましたが、ピラフは具材や調味料が入っているので、塩分はやや高めになっています。

ポワレとは、下味をつけた肉や魚を、油でカリッと焼く調理方法の事ですが、もともとは肉に使われた調理法です。

ご家庭のフライパンを使用して、素材をできるだけ動かさず、高温で手早く焼くのが基本とされていますが、家庭の火力は小さいのでそこは気にしなくていいでしょう。

ポワレによく使われるのは、白身魚(鯛やスズキ、舌平目)や鮭、マス などがありますが、値段も高いので、スーパーで売っている、シイラやメルルーサの白身魚でも美味しくできますよ。

下味をつけて、ニンニクなどをすりこんで時間を置くと臭みが和らぎます。

スープは、コンソメをべースに、具材は、サツマイモとベーコンです。

味付けは、コンソメや鶏がらスープで、ご自宅の残り物の具材でも工夫すれば、新たな自分だけの美味しいスープが生まれますよ。

まずは全品を!海老ピラフの時の献立例!

その他にも色々なパターンの献立を見てみよう!

献立アイデア①あっさりした海老ピラフの献立例

献立アイデア①-1

献立アイデア①-1

①海老ピラフ

②スパニッシュオムレツ

③キムチ奴

④味噌汁(大根、豆腐、わかめ)

あっさりとした献立には、炒め物や蒸し料理が合わせやすいですね。

ここでは、和、中、洋の組み合わせにしました。

海老ピラフには、具材や味がついているので、薄味にするのは勿論の事、揚げ料理も控えるほうがいいですね。どうしても入れる場合は、副菜などにして、量を少なめにするといいでしょう。

ピラフは、コンソメスープやシンプルな味噌汁と合わせるといいですよ。

 

献立アイデア①-2

献立アイデア①-2

①海老ピラフ

②夏野菜のラタトゥイユ

③細切りポテトとソーセージのジャーマンポテト

④若布とニラのコンソメスープ

 

こちらの献立は、全て洋風に合わせた献立になります。

野菜だけでもラタトゥイユにすることで、立派なおかずになります。

ガッツリ肉料理ではなく、ソーセージなどの練り製品と野菜などを組み合わせて副菜にすることで、カロリーを減らすことが出来ます。

これだけでは、あっさりでも物足りないよっていう方は、副菜と主菜に、チキンサラダとカレイの煮つけなどにすれば、ボリュームがでるのではないでしょうか。

サラダのドレッシングはカロリーが上がるので、ポン酢で食べるとあっさりしますよ。

献立アイデア②がっつり行きたい場合は?

献立アイデア②-1

献立アイデア②-1

①海老ピラフ

チキンカツのみぞれ煮

オクラとちくわのマヨサラダ

④クラムチャウダー

 

チキンカツをみぞれにして煮込むことによってボリュームを持たせました。

海老ピラフに揚げ物は良く合うので、良く食べる方などは、揚げ物と合わせるとお腹も満たされますよ。

サラダで合わせてもいいので、サラダチキンや玉子、海鮮類のサラダにしてもボリュームを持たせることが出来ます。

汁物に関しては、クラムチャウダーや具が入っているものや、ミルク系のスープはボリューム感がでます。

献立アイデア②-2

献立アイデア②-2

①海老ピラフ

②焼きスペアリブ

③ブロッコリーと玉子のサラダ

④具沢山野菜スープ

 

揚げ物もボリュームを持たせることが出来ますが、主菜に肉料理や魚料理を合わせるとボリュームを持たせることが出来ます。

海老ピラフは、具材も入っているので、副菜だけでも問題ありませんが、海老ピラフであっても、具材の量も沢山入ってるわけではないので、主菜と組み合わせる事で、主菜で取る事が出来るタンパク質や、糖質が取れるので、組み合わせる方がいいですね。

スぺアリブに関しては、煮込みもや柔らかくて美味しいので、煮込んでバーベキュー味にしても美味しいですよ。

それ以外のメニューもおさえておこう!

主菜5選

①おろし唐揚げ

唐揚げもエビピラフにはとてもよく合うメニューのひとつです。

がっつり食べたい方は、もも肉の唐揚げはボリュームもでていいですね。

あっさり食べたい方は鳥の胸肉やささみを使ったり、写真のように、ソースをかけるのであれば、おろしポン酢をかけてあげるとカロリーを大幅に下げることができますよ。

また油で揚げるのではなく、少し多めの油をフライパンに入れて揚げ焼きにすることで、カロリーを抑えることができますよ。

揚がった後は、しっかり油を切って盛り付けるようにしましょう。

②焼きキングサーモンのおろしだれ

鮭のムニエルも定番でよく合いますが、キングサーモンをフライパンで焼いておろしソースをかけた料理です。

ムニエルと違って、小麦粉をつけていないことと、バターを使っていないことでカロリーを抑えることができるので、あっさり食べる方にはオススメのメニューです。

③チキン南蛮

子供から大人まで大人気のチキン南蛮。

カロリーがどうしても高くなりますが、よく食べる男性や、育ち盛りのお子様などでは作ってほしいメニューではないでしょうか。

カロリーがどうしても気になる方は、タルタルソースは無しにして甘酢ソースだけで食べると少しでもカロリーを抑えることができますよ。

④カニクリームコロッケ

パン粉をつける揚げ物の中でも、一番難しいとされるカニクリームコロッケ。

自宅で手作りとなるとなかなか難しいかも分かりませんが、時間がないときなどは冷凍のカニクリームコロッケを使うことで簡単に作ることができます。

冷凍食品を揚げる場合は一定の温度で問題ありませんが、手作りで作ったカニクリームコロッケは、すぐに破裂しやすいため、最初は高温で揚げ、徐々に低温にしてあげると上手にあげることができますよ。

⑤ハッシュドビーフ

深いコクのある旨味の詰まったハッシュドビーフは、海老ピラフにはとてもよく合います。

揚げ物などもう少しあっさりしたい場合などは、ハッシュドビーフはいいですね。

市販のルーやハンイツの缶詰を使うと、短時間で深みのある味わいに仕上がります。

一度にまとめて作ることができて、冷凍保存もできるため忙しい日にもピッタリの主菜です。

副菜5選

①かぼちゃとなすのマリネ

焼きマリネをするのであれば、 かぼちゃを先に電子レンジで加熱してあげると、早く火が通りやすくなります。

マリネ液はオリーブオイル、白ワインビネガー(または酢)、はちみつ、塩コショウで味付けするのがおすすめです。

海老ピラフと主菜でこってりした時は、副菜に野菜のマリネにするとさっぱりとしますよ。

②フライドポテト

冷凍のポテトが一般的ですが、生のじゃがいもでするのがオススメです。

お子様などがいるご家庭では、海老ピラフも喜んでくれますが、フライドポテトも一緒につけてあげると、子供達のおもてなしにもなりますよ。 

生のじゃがいもでする場合は、カットしたじゃがいもを水に1時間以上さらしてあげ、揚げる直前に薄力粉と片栗粉を3対2の割合でコーティングしてから、最初は低温で揚げ、最後に高温で揚げると、とても美味しいフライドポテトに仕上がりますよ。

③タラモサラダ

タラモサラダはあまり聞き慣れないメニューですが、簡単に作れてさらに食欲がわく副菜です。

辛子明太子やたらこがあれば簡単に作れますし、子供にも喜ばれるメニューです。

ワインなどのお酒ともよく合いますし、 冷凍のジャガイモなどをレンチンして、潰して混ぜ合わせるだけで簡単に作れます。

また、カルビーのじゃがりこのサラダ味かチーズ味に、熱湯150ccを注いで、 数分待ってから混ぜ合わせて、最後にたらこを混ぜ合わせます。

意外とこれでも、おかずになるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

④ごぼうサラダ

マヨネーズで和えたごぼうサラダです。

ごぼうはマヨネーズサラダにしてもとても美味しいのでぜひ試して欲しい一品です。

食物繊維もしっかり取れ、栄養面においても抜群です。

ごぼうを茹でた後に、酢と塩で軽く下味をつけることによりマヨネーズが少なくて済むので、そのぶんカロリーも抑えることができます。 

ごぼうの香りとシャキシャキ感は、きんぴらごぼうでは味わえない味ですよ。

⑤大学芋

おやつにもできる大学芋。

普通のサラダや和え物などの副菜が少し飽きた場合などに、おやつ感覚で大学芋と合わせるのもいいですよ。

甘い蜜がたっぷりと絡んだ大学芋は、おやつでも食べれますが、献立の副菜の一品に入れるのも嬉しい一品です。

栄養面を考えると皮ごと揚げるのがいいですね。 

スープ5選

①鮭の粗汁

海老ピラフはシンプルに味噌汁ベースの汁物もよく合います。

ここでは鮭のあら汁を紹介しましたが、魚のあらを入れる場合はさっと熱湯にくぐらせて臭みをとってから味噌汁の具の中に入れましょう。 

がっつり行きたい方は、鮭のあら汁はお腹も満たされること間違いなしです。

味噌ベースは塩分が高いので塩分を抑えたい場合は、すまし汁ベースにするといいでしょう。

②もずくスープ

スープに入れるもずくを使う場合は、スーパーに売っている酢が入っていないものを使いましょう。

もずく自体にとろみがあるので、中華ベースで作るのが一番オススメです。

栄養も抜群で、 カロリーも少なくダイエットに向いているスープです。

エビピラフはカロリーが高くなりがちですので、カロリー抑えたい方は特にオススメのスープです。

③にんじんスープ

人参も緑黄色野菜で、抗酸化作用があるカロテンが豊富に含まれています。

人参はスープにすることによって、カロテンをより効率よく摂取することができます。

人参臭さが苦手な方は少しクミンパウダーを入れてあげると、香りがアクセントになり食べやすくなりますよ。

コンソメベースで作っても美味しいですが、牛乳や生クリームを入れるとさらにまろやかになってさらに美味しく仕上がります。

④かぼちゃスープ

チキンブイヨンをベースに、かぼちゃを電子レンジで温めて、フォークで潰す事で、簡単にかぼちゃのスープができますよ。

牛乳や生クリームを加えるとまろやかになり、チーズを加えてもとても美味しいスープに変身しますよ。

かぼちゃは緑黄色野菜で、栄養もありますが、特に皮と実の間に多いので、汚い所以外は、皮ごとスープに入れると良いでしょう。

⑤フルーツティー

エビピラフは喫茶の軽食のメニューによくありますよね。

汁物の代わりに、フルーツティーなどに合わせてもおしゃれになりますよ。

写真はいちごのフルーツティーですが、その他にキウイをすりおろして入れたり、オレンジをスライスしたりして色々なフルーツティー合わせてみても楽しい献立になりますよ。

ピラフとチャーハンと焼き飯の違いは何なの?

結論

作り方による違いで、 ピラフは生米とえびや玉ねぎ人参などの具材とスープを入れて炊いたもの、 チャーハンは生米ではなく炊いた後のご飯をチャーシューや玉ねぎを塩コショウなので味付けて炒めたもの、焼き飯は鉄板の上で、具材を入れて炒めたもの。

ピラフ

ピラフとは、トルコ発祥の料理で、トルコからフランスに入ってフランス料理のピラフとなりました。
ご飯を炊く前に生米を利用して料理することです。

生米を使わない場合はピラフとは言えません。

ピラフは、最終的には炊き上げるので、炊き込みご飯のようにしっとりとした仕上がりになります。

チャーハン

チャーハンとは中国で生まれた料理のことです。

チャーハンは生米ではなく、炊いた米を味付けして炒めることです。

ご家庭でよく作られているのはチャーハンが 多いのではないでしょうか。

ピラフのようにスープで炊いていないので、お米一粒一粒がパラパラとしたのが特徴です。

また短時間で出来るのが特徴で、作る人の腕の差によっては、同じチャーハンでも、炒め方や具材の切り方などで大きな差が出ます。 

焼きめし

焼き飯は、日本の関西で生まれたとされています。

ピラフやチャーハンなどを焼き飯という方もおられますが、お好み焼きなどを焼く鉄板の上で具材を焼いて作られるため焼き飯と呼ばれます。

焼き飯は、鉄板文化の中で生まれた料理であり、ピラフとチャーハンは鉄板を使うのでそういう点においては大きな違いがあります。 

解説

焼き飯とチャーハンの違いは卵の調理法の違いで、チャーハンは卵とご飯を炒めてから具材を入れますが、卵や具材を入れます。

焼き飯では卵が入らない場合もあります。

また、この三つの料理は調味料にも違いがあり、チャーハンは醤油やごま油などを使用しますが、焼き飯はオイスターソースや和風だしを使用します。

ピラフはバターやブイヨンなどの洋風の調味料を使用します。

この三つの料理の期限は、定説としてはインド料理の「プラーカ」とされているそうです。

そのプラーカが、中国に伝わってチャーハンとなり、中国を経由して日本に焼き飯という料理に変化したと言われています。

ピラフはスペインにわたりパエリアとなって、イタリアに伝わってリゾットという料理へ変化していったと考えられています。 

うまいピラフの基本レシピを公開

~材料と下準備~

①米…2合

②水…360㏄

③白ワイン…30cc

④むきえび…14匹~15匹(背ワタをつまようじで取る)

⑤人参…30g(5㎜角切り)

⑥玉ねぎ…40g(粗みじん切り)

⑦グリンピース(またはピーマン)…10g(さっと湯がく)

⑧ビーフコンソメ(またはチキンコンソメ)…3g

⑨塩コショウ…2g

⑩淡口しょうゆ…小さじ1

⑪みりん…小さじ1

⑫帆立ダシの素…3g

⑬バター…20g

フライパンでの作り方

~作り方~

1,フライパンに⑬のバターを入れて、⑤、⑥、を強火で さっと炒めて、③を入れる、そのまま炒めて、ある程度水分が飛んだら、①を入れてさらに1、2分炒める。

 

2,⑧~⑫の調味料を入れてさらに混ぜ合わせる。

 

3,そのまま鍋に、②の水を入れて、沸騰したら、米に水分を含ませていきお粥ぐらいになったら、④、⑦を入れて軽く混ぜ、蓋をして密封する。

 

4,ごく弱火にしたまま、15分蒸らす。

 

5,軽く混ぜて、蓋をしてさらに5分蒸らす。

 

6,蓋を開けて出来上がり!様子を見て、固かったら、蓋をして5分蒸らす。

炊飯器での作り方

~炊飯器での作り方~

1,フライパンに⑬のバターを入れて、⑤、⑥、を中火から強火で炒めて、③を入れる、そのまま炒めて、①の洗い米を入れてさらに1、2分炒める。

 

2,⑧~⑫の調味料を入れてさらに混ぜ合わせる。

 

3,炊飯器に2と④、⑦を入れて、②の水を360cc入れる。

 

4,炊飯器で炊く。 

~ポイント~

ご家庭でコンロの火が弱い場合は、フライパンを良く熱してから、具材を炒めましょう。

 

ご家庭の炊飯器や、お米の種類によっては水の分量が変わってきますので、ご飯が硬かったり柔らかかったりした場合は水分量を調整しましょう。

 

どうしても心配な場合は、通常通り白いご飯を炊く要領で炊飯器の2合なら、2のメモリの位置に水量を合わせます、そこから大さじ2杯半ほど、水を捨てます。

フライパンにバターを引いて、④から⑥の具材を炒めて、⑧~⑫で味を付けます。

その具材を炊飯器に戻しいれて、炊飯することで、失敗なく作ることができます。

動画もありますので、作り方は動画も参考にしながら作ってみて下さいね!👇

まとめ。。。

ピラフの献立は、ピラフ自体に味が付いているのでどういうおかずをつけたらいいかと迷うことも多かったと思います。

ピラフ自体に味がついているためどうしても塩分が高くなりがちですよね。

全体的に薄味に作ることを意識すると、全体的にまとまった味になります。

ピラフに具材が入っているとはいえ、具材の量も多くないためしっかりと主菜から汁物までの献立を組み合わせることで栄養バランスが整います。

今回は海老ピラフの合わせる献立なので肉を入れた主菜副菜をチョイスすると組み合わせやすいですね。 

お肉を使いたくない場合は、お魚を使った料理を取り入れるといいでしょう。

少しでも皆さんの日々の献立作成のお力になれたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました