料理全般 娯楽

つゆ焼きそばの献立アイデア。地方料理の副菜、汁物は?

この記事は約5分で読めます。

 

 

つゆ焼きそばの献立を、家庭で簡単に作る。

シンプルにウスターソースの味付けの青森の平麵の焼きそばに関西のだしを入れ、海老、烏賊などのシーフード天かすと白ネギの刻んだもので頂く、少し変わったB級グルメから生まれた、フックンオリジナル極秘レシピ公開!!

自宅で簡単に作れ、コスト費用も安く、麵などは、平麺使用しますが、関西ではなかなか手に入らないので、業務スーパーやサンディーで買えば、焼きそば、うどんが1玉10円代で購入できます。

青森のつゆ焼きそばは、あっさりうどんだし、みたいなものと、ラーメンだしでやる2種類があります。
なんにでも合いますが、焼きそばがウスターソースでしあげているので、食べたことのない私にとっては、うどんの和風だしが合うと思います。
また、焼きそばにいれるので、ダシもうどんだしよりも薄くする必要性があります。
汁物であるため、この場合は副菜だけを考えるといいでしょう。

 

つゆ焼きそばの、献立を食宅で。メニュー例を挙げていこう!

 

  1. 健康を考えたシンプルメニュー
  2. がっつり食べたい人の食卓メニュー
  3. つゆ焼きそばの青森以外にある県は?
       
    トグルボックス内容
  1. 健康を考えたシンプルメニュー
    メイン献立名

         
         メニュー表

      エネルギー タンパク質 脂質 食塩


    つゆ焼きそばの献立

    青森つゆ焼きそば
    学生ブーム悪魔のおにぎり(やみつきに注意!)
    ほうれん草のごまあえ
    なめこ、なめ茸おろし
     夕食 58cal  18.2g 7.5g 2.8g

このように副菜を入れることで栄養も取れます。おにぎりに関しては、ローソンで有名な、爆発的に売れた物を、家庭でアレンジしたものです。子供や高齢者の方も食べやすく、また何よりも食が進むのがいいです。

LOWSONの悪魔のおにぎりはこちら👍

2、がっつり食べたい人の食卓メニュー
 こちらは、おなか一杯になるメニューとして、やはり外食で出されるものが多いと思います。Instagramからよさそうなものを紹介します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ピーチャン(@inuusa.6.26)がシェアした投稿

このように、丼や寿司などの組み合わせで、炭水化物が沢山取れるのが、一番がっつりいけるのではないのでしょうか?寿司などは魚が摂取でき、野菜に含まれる栄養素も多いため、カロリーは避けられませんが。また卵料理も副菜で合わせると、いいかと思います。

下記に、私の作成したレシピもありますので参考になればと思います。

3、つゆ焼きそばの青森以外にある県は?

青森県黒石市派生が発祥のB級グルメではあるが、他のどの県などにつゆ焼きそばの店が存在するのか調べてみた結果。

①、品川で青森を感じられる!美味しい津軽料理が味わえる居酒屋
 十三屋

東京北品川にある、十三屋。青森のメニューを中心とした居酒屋。
店名由来は、津軽半島の十三湖!。  オープンして21年のキタナシュラン認定店。
「黒石つゆ焼きそば」のレアメニューまであるといいます。
面白いメニュー「カルロスゴーン焼き」や「安倍総理『花見の会』煮」など。
食べた方の意見では、味噌、カレー、牛乳、それぞれが持つコクと甘み。
それが、ケンカすることなく、実に適切なバランスで調和しているそうです。
色合いと香りが素晴らしい煮玉子があり、 サクッと噛み切れる極太のメンマ。 コーン、キャベツ、モヤシ、に小ネギがたっぷりあるとおもいます。
これに麺を加えたものが、スープを吸って、実に美味いとのこと。 「味噌カレー牛乳ラーメン」が誕生したのは1970年代中頃で、発祥は、青森の「札幌館」というお店。 「青森に札幌ラーメンを広めよう!」とする過程で開発されたそうです。 
京急線の車窓から見えるという店舗裏の看板あるとのこと
平麺の焼きそばが黒焼きそばの麺なので、ラーメンなどのメニューが多そうである。
他にも店があるがほとんど青森県にある店が大半である。
自宅で簡単に安く、プロの味近く味わえるので、ぜひ焼きそばに、うどんだし、ラーメンダシを入れて、食べてほしい。

今後でてくる豆乳レシピで下記の手作り豆乳を使う料理は、
世界に一つの料理となり、
健康面においても世界に一つとなります。体は、一番大事!ご賞味あれ!

終わりに…本場の黒石つゆやきそばについて

「黒石つゆやきそば」が誕生したのは昭和30(1955)年代後半ごろです。
黒石市内にあった「美満寿(みます)」という小さな食堂で、寒い日でも温かく食べられるように、黒石やきそばにそばつゆをかけて「つゆそば」として提供したのが始まりとされています。

「美満寿」の閉店とともにつゆそばも消えてしまいましたが、当時の味を懐かしむ地元民たちによって、普及団体の「黒石つゆやきそばHAPPY麺恋(めごい)ジャー」が「B-1グランプリ(R)」で何度も上位入賞を果たすなど全国区の人気になった料理。

黒石やきそばとつゆやきそばは、青森県黒石市発祥の話題のご当地B級グルメ。
黒石市内の太平麺と甘辛いソースが特徴の【黒石やきそば】。
それを器に入れ、和風だしのつゆをかけて、最後にたっぷりの揚げ玉とネギを盛りつけて提供される『つゆやきそば』。

なんと作り置きして冷めた焼きそばに温かいつゆを入れて食べていたのが発祥となったそう!
つゆやきそばは、実は意外と知られていないラーメンのスープとそばつゆををベースにしたものとの2種類があり、どちらも試してみたくなる美味しさ。

モチモチした太い麺と少し酸味の効いた濃厚ソースが絡み合い、一口一口想像を超える体験ができること間違いなし! 興味をそそる不思議な一品です。

元祖と言われる有名店からお上品に堪能できる和食屋まで、一度は食べてみたいやみつきになりそうな青森ならではの郷土料理です。

コメント

  1. こずえ より:

    はーい。

タイトルとURLをコピーしました