料理全般 娯楽

カレーうどんの献立、付け合わせと副菜のバリエーションとスパイスについて

この記事は約5分で読めます。

料理大好き、フックンです。
誰もが大好きカレーうどん、卵とのコラボはあまり見かけたことがない。

この章では、カレーうどんだけでも、十分ですが、健康維持のためには、献立メニューを決めてどういうものか見ていきたい。

カレーうどんを残りものカレーで美味しく作るコツなど、カレーうどんに特化して色々見ていこう!

 

 

基本的な解説です。

カレー汁にカレー粉を入れ、とろみをつけるために片栗粉を加えて作ったカレー汁をかけたうどん。
鶏肉、豚肉、玉ねぎなどを入れて作ったカレー汁が一般的である。

ネギをあしらったものをカレー南蛮といいます。

 

カレーうどんの献立例、卵との相性は?副菜の組み合わせは?

献立①カレーライスのルーから作るカレーうどんの献立例

自宅で作るなら、カレーを作った後に余ったから、作る方も多いのではないでしょうか。
私は、ダシのきいたカレーうどんが好きなので、ルーを私はコロッケに変身させます。カレーコロッケ、残りものとは思えないクオリティーになります。

おおよそですが、270㏄が、1人前のダシの量です。1:1の割合で割って、ダシの素で味を調え、軽く片栗粉でとじる。私は自家製うどんだしで割って、片栗粉でとじる。するとさらにおいしくなります。

ではその献立例を一つ上げてみよう。

料理名は、食欲も沸いてくるので、マジックキッチンでは、ネーミングも重要視しています。
自宅ではなかなかお店とかではないので難しいですが、カレーうどんはカレーライスに比べて、味付けご飯によく合います。汁物はカレーうどんが汁物にあたるので、
汁物はいれておりません。

一汁三菜の基本は崩れますが、一品漬物にしても大丈夫ですし、デザートでもいいでしょう。

白飯の場合は、おにぎりにするといいと思います。

チーズインパンプキンサラダに関しては、クリーチーズを加えることで、南瓜の甘みが引き立ち、
デザート感覚で食べれます。

献立②カレーうどんをダシから、本格的に作った献立例。

  1. ごはん
  2. 本格カレーうどん
  3. すき焼き煮
  4. 温泉卵
  5. お新香

 

このように、白いご飯をもってきた場合、カロリーを抑えるために麺を1/2玉にする。
温泉卵を副菜にすることで、一品、副菜を減らすことができます。

このように麺類を昼食にもってきた場合は、夕食は、野菜、大豆を中心にあっさり仕上げる事をおすすめします。

 

それ以外のメニューの付け合わせの場合

おにぎりとの組み合わせ

おにぎり、カレーうどんとの組み合わせは、あっさりした付け合わせが理想です。
ほうれん草のお浸し、小松菜の煮浸し、ひじき大豆、切り干し大根、しりしり(人参のきんぴら)
そんなイメージでいいかと思います。
塩分が気になるところではありますが、お新香、ちりめん山椒なども、とてもあいます。

副菜がサラダの場合の組み合わせ

カレーうどんでは、豆腐と水菜のサラダ、タラモサラダ(キャベツの千切り添え)、
などのサラダにポン酢などで食べると、辛めの味付けのカレーうどんであれば、口の中がさっぱり食べる事ができます。

さらにデザート感覚なサラダを作るには、カレーは、リンゴと相性がいいので、
リンゴを千切りにしたサラダを作るといいでしょう。

コールスローサラダのようなキャベツとコーンのマヨネーズ合え、ドレッシングであえるのもカレーうどんにはよくあいます。

がっつり食べたい人への献立例

カレーうどんは、揚げ物の愛称は抜群です。

 

がっつりいきたい人は、唐揚げやとんかつなどで、サラダを添えて食べるのもいいですが、野菜天ぷらにすれば、栄養もとれ、おなかも満たされます。

副菜で野菜を取り、肉料理をもってくるのもがっつり食べたい方には、おすすめです。
例えば、牛皿(紅生姜添え)や、中華料理で野菜炒めやチンジャオロースにするとがっつり食べる事ができるのでそういう方にはお勧めです。

脂質、肉ばかりを取りすぎると、肉に含まれる飽和脂肪酸は体に必要エネルギー源になりますが、摂り過ぎると心筋の細胞を破壊し、心臓にダメージを与えるので注意が必要です。

また、脂質は、三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)のひとつで、エネルギー効率が高く、ヒトが生きていくうえで欠かせない栄養素です。

飽和脂肪酸のひとつである「パルミチン酸」が、小胞体ストレスと心筋細胞でアポトーシス(細胞死)を引き起こすともい言われているので、バランスが整った献立が大事になります。

カレーうどんに欠かせないカレー粉について

インドを発祥地とする代表的な混合香辛料。
20~30種もの香辛料が用いられるが、基本となるものは辛味づけに唐辛子、黒胡椒、香り付けにコリアンダー、クミン、 黄色の着色にターメリック。

その他に生姜、チョウジ、カルダモン、シナモン、メース、ナツメグ、オールスパイス、フェンネル、陳皮、 にんにくなどが適宜配合される。
メーカーにより原料の配合が異なり、香りに特徴がある。
我が国のカレー粉は日本人の嗜好に合わせて作られています。

まとめ

カレーうどんは濃いめの味付けなので、箸休めに野菜たっぷりの副菜があいます。
魚類を併用する場合は、揚げ物なんかもよく合います。

和食が基本合わせやすいと思います。
またカレーうどんのあんを、グラタン、ラザニアなどにかけて、ミックスチーズをかけて焼けば、カレードリア風にもなります。
是非試してほしい。
決まりはないですし、基本好きなもので組み合わせていいと思います。参考にしていただく材料になれば幸いです。

終わりに、かつてはカレーと言えば欧風のイメージがありますが、昔ながらのカレー、一択でしたが、最近では様々なバリエーションのカレーが出てきていますよね。

人によってはオリエンタルなスパイスカレーこそカレーという方もいらっしゃるでしょう。
また、アレンジ方法も様々で、焼きカレーやカレーうどん、ドライカレーなどバリエーションは昔の比ではありません。

そうしたバリエーションそれぞれで合う献立は変わっていくものです。

当ブログではそうしたカレーの記事についても(徐々にですが)増やしていますので、

ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました