料理全般 娯楽

家庭の代表的なカレーの献立、付け合わせと副菜のバリエーション、汁物はいるの?

この記事は約13分で読めます。

料理研究家、料理大好きフッくんです。

みんな大好きなカレー。

カレーといえば、ほとんど嫌いな方はいないのではないでしょうか。

メジャーリーグのイチロー選手が、毎朝カレーを食べる習慣があります。

それだけカレーというのは、世界中で愛されている料理の一つだと実感しています。

そのカレーの献立の副菜や付け合わせは、毎回同じものになりがちです。

しかしカレーというのは、色々アレンジもできますし、様々なバリエーションのカレーが存在します。

その中で、カレーの献立の悩みを解消します。

ご家庭代表的なのカレーから副菜まで、一般的なカレーの献立のアレンジも含めたバリエーションを色々と見ていきましょう。

色々な献立を見ていこう!私の店でのカレーの献立例!

MAGIC KITCHEN
食事献立
メニュー
献立例A
献立例B
昔ながらのビーフカレー
フルーツミックス
タラモサラダ
唐揚げカレー
マセドアンサラダ
豆腐チョコプリン
昼食/夕食
昼食/夕食
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
エネルギー(Kcal)
たんぱく質(g)
666
13.5688 29.5
脂質(g)
コレステロール(mg)
脂質(g)
コレステロール(mg)
18.9 54 30.2 89
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
炭水化物(g)
食物繊維総量(g)
106.9372.7 4.6
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
カルシウム(mg)
ビタミンC(mg)
48 20 30919
食塩相当量(g)
食塩相当量(g)
4.14.1
※ 仕入れ状況により、栄養価ともに一部変更する場合があります。     (株) マジックキッチン
★米の栄養価は全て含まれています。  (日曜日定休日)      TEL  06-〇〇〇〇-〇〇〇〇

献立A

 献立B

献立Aに関しては、ノーマルのカレーに、じゃやがいもや人参を入れたシンプルな家庭的なカレーです。
カレーの副菜は、カレー自体がこってりしているので、デザートを付けると、口直しにいいのでオススメです。
今回は、フルーツ缶にバナナを入れました。
生野菜サラダもいいですが、タラモサラダにして、子供が好きな献立に仕上げました。

献立Bは、カツカレーとせず、唐揚げカレーにしましたが、揚げ物なら、食べたいもの組み合わせたらいいと思います。
デザートそのままでもいいのですが、豆腐にすることで、栄養とエネルギーを抑える事が出来ます。

献立A、Bの福神漬けはや、らっきょうは、栄養価には含まれていません。

まずは全品を!カレーの時の献立例

献立アイデア①あっさりしたカレーの献立例

 

献立アイデア①-1

①カレーライス

②シーフードレモンマリネ

③ヨーグルト

④の味噌汁

カレーは、糖質や脂質が多く、カロリーも気になります。

マリネや、ヨーグルトでさっぱりした献立になります。

カレーにはスープが出てこなことが多いですが、冷製スープや、野菜の味噌汁をつけて、決して、悪くはありません。
塩分だけ注意して、あっさりした汁物を用意するのがおススメです。

 

献立アイデア①-2

①カレーライス

②コールスローサラダ

③温泉卵

④オニオンスープ

あっさありしすぎても、もう少し物足りない場合は、サラダもマヨネーズ系のサラダして、卵を加えることで、満足感が得られるのではないでしょうか。

玉子は、茹でてもよし、温泉卵でも、カレーの相性は抜群です。
コンソメスープで是非合わせてみてください。さらに食欲が増進します。

献立アイデア②がっつり行きたい場合は?

 

献立アイデア②

①カツカレー

②茄子と南瓜のピザチーズ焼き

③ツナコーンマヨサラダ

④オリーブとズッキーニのコンソメスープ

若い世代や、男性には物足りない時はカレーに、揚げ物をのせれば、お腹も満たされます。
またチーズカレー、ソーセージカレーにしても、しっかりとした献立になります。

スープも、キャベツやブロッコリーのミルクスープの付け合わせにしても、カロリーは高くなりますが、お腹を満たす場合は是非カレーに合わせてみてください。

献立アイデア③カレーにナンやパンの時は?

 

献立アイデア③

①チーズナン

②バターチキンカレー

③スパイシーサラダ

④ミルクティー

カレーといえばご飯が主流ですが、パンやナンなどにもとても良く合います。

自宅で作るカレーはご飯に合いますが、パンに合うカレーは、スパイスや、ヨーグルトで作った、ルーを溶かさないカレーがよく合います。 

カレーにつけるサラダとして、スパイシーサラダがありますが、赤いドレッシングをかける、インド料理店で出てくる野菜サラダです。
このサラダがあれば、どんなカレーにも、どんな献立にも合わせることができます。

そのインド料理の赤いドレッシングの極秘レシピを公開いたします。

~インドの赤いドレッシング~

ケチャップ 大さじ2

マヨネーズ 大さじ1

水切りヨーグルト 大さじ1と1/2(ヨーグルトを絞り袋で水気を切ったもの

おろしニンジン 大さじ2

おろし玉ねぎ 小さじ1

クミンパウダー 小さじ1/2

ガラムマサラ 小さじ1

砂糖 小さじ1と1/2

パプリカパウダー 小さじ1

レモン汁 小さじ2

油 小さじ1

塩 少々

それ以外のメニューもおさえておこう!

副菜3選

 

①イカのマリネサラダ

カレーの合う副菜といえば、サラダやマリネが一番よく合います。

あさりやエビなど、カレーにはシーフードがよく合います。

少し物足りない場合などにはこういったシーフードマリネがよく合います。

②海老とアボカドのマヨネーズ和え

あっさりとは言いがたいですが、アボカドのサラダは、最高に美味しいです。

生野菜の上に海老とアボカドのマヨネーズで和えたものをのせて頂きましょう。

③海藻サラダ

シンプルであっさりした栄養満点の海藻サラダです。

花かつおなどをかけて、 ポン酢をかけて食べるとおいしくいただけます。

スープ3選

 

①トマトとレタスのコンソメスープ

カレーに合うスープとして、コンソメスープが最も相性が良いかと思います。

副菜も少しこってりとした場合などには、野菜のコンソメスープが合わせやすいです。

②ブロッコリーのミルクスープ

ブロッコリーをミキサーでペーストにして、牛乳ベースに、コンソメで味をつけたものです。 このスープなら小さい子供もとても飲みやすいスープです。 

牛乳を豆乳で作れば、より一層栄養満点のスープの出来上がりです。この場合はスープにローリエなどを入れてあげるといいでしょう。

③カリフラワーのポタージュ

カリフラワーをしっかりペーストにし、じゃがいものすりつぶしと一緒に豆乳に入れます。

沸騰したら、バター、塩コショウ、コンソメで味をつけて出来上がりです。

この料理も、牛乳ではなく豆乳にすることで、あっさり栄養満点のスープになります。

ちょっとカレーをアレンジして朝食メニューにした場合は?

カレーを作る際において、たくさんカレーが残ってしまった時などあると思います。

そんな時は、カレーをトーストの上に乗せてケチャップとチーズを乗せて焼いて、朝食の献立のレパートリーにしてみてはいかがでしょうか。

無理にカレーを使い切らなくても、カレーは、冷凍保存ができるので安心ですね。

その他にも、ドリアにカレーをかけて焼きカレーにしたり、少しトマトを加えることでパスタにすることなども可能です。

朝の献立は大変で、同じもののローテーションになりがちですが、カレーの他にもミートソースなど余った場合は、パンなどの相性もいいので、朝食のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

色んなタイプのカレーに合わせたアレンジ献立集

①カレーうどんの献立

カレーうどんの誕生の要因は、輸入文化を取り入れて、うまく咀嚼するという日本人ならではの柔軟な体質による、すなわち食べやすくする。

カレーうどんとは、そんな日本人の文化に見事馴染んで、今では日本食と言ってもいい麺料理ですね。
また、残ったカレーをカレーうどんにするのも日本人ならではでないでしょうか。

②チキンカレーの献立

スパイスとパクチーの豊かな香りが立ち上がるインドカレー、思わずお腹が鳴ります。
ルーはサラサラタイプで口に入れると心地いいスパイスの刺激があり、それでいてずっと食べていたいと思えるまろやかさもあり、絶妙なバランスと一体感は納得の完成度です。

インドの家庭のカレーは想像以上に食べやすく、親しみやすい味わいで、ご家庭のチキンカレーとな一味違った味わいがあります。

ご家庭でのチキンカレーもありますが、それ以外の本場のチキンカレーも合わせて参考にしてみてください。

③夏野菜カレーの献立

夏野菜の素揚げをたっぷりのせた夏野菜カレーライスです。
玉ねぎをじっくりと炒めることでコクと旨味をプラスしてみてください。

赤パプリカ、ズッキーニ、なすなどを素揚げにして彩りよく仕上げます。 野菜たっぷりで満足感を得られること間違いなしのカレーです。

参考までに、残った野菜を揚げて夏野菜カレーにしてみてはいかがでしょうか。

④キーマカレーの献立

インド料理であるキーマカレーは、ひき肉を使用して作っています。
料理名前である「キーマ」は、細切れ肉やひき肉の意味なんです。

ひき肉で作るカレー料理のことをキーマカレーと呼んでおり、調理法などの細かい決まりはないですし、ご自宅では大豆を入れる事も多いと思います。

肉は羊、山羊、鶏を使用したものがほとんどで、地域や宗教によって、素材や調理法が違うそうです。
日本では、合いびき肉、玉ねぎ、ニンニクなどのスパイスが使われ、ご飯やパロータ、チャパティと一緒に食べることが多いそうです。

普通のカレーにマンネリ化したら、野菜も取れるので、キーマカレーもオススメです。

⑤焼カレーの献立

最近人気の焼きカレーは、昭和30年ごろ、同区栄町銀天街の喫茶店「山田屋」のメニューにあったものが始まりとされている焼カレー。
余った店のカレーをグラタン風にしたところ、美味しいのでメニューに加えて人気が出たそうですね。

その後、焼きカレーは一度なくなりましたが、「山田屋」が復活させ、他の飲食店もそれぞれの個性を出してメニューに出すようになり、現在では30店舗近い飲食店で焼きカレーが作られており、門司港レトロ倶楽部では「焼きカレーマップ」を配布してるくらい人気のカレー。
ドライカレーにチーズを乗せ、オーブンで焼いたアツアツの焼きカレーが人気を集めています。

御家庭で残ったカレー自体をアレンジした焼きカレーでもとても美味しいです。

⑥バターチキンカレーの献立

バターチキンカレーは、インドで親しまれてきた料理です。
ヨーグルトと香辛料に漬け込んだ鶏肉を焼く「タンドリーチキン」を作る際、余ったソースにトマトやバターなどを加えて作ったのが始まりとされています。

バターや生クリームを使うためコクがあり、辛みを抑えています。
辛さやスパイスのイメージが強いインドカレーですが、バターチキンは例外的に口当たりがやさしいのが特徴で食べやすいです。

ご家庭のチキンカレーに飽きたら、ご自宅でチャレンジしてみてくださいね。

⑦ドライカレーの献立

ドライカレーは、汁気のないカレー全般を指す意味のようですが、日本ではカレー風味のチャーハンのこともドライカレーと呼びます。
カレーチャーハンやカレーピラフもドライカレーの部類に入るので、同じ料理と思っていいでしょう
ドライカレーは日本オリジナルのメニューです。
カレーライスのバリエーションの1つで、使用する材料にも決まりは無く、水分量が少ないものを一般的に、ドライカレーと呼びます。
カレーがこってりしてあっさり行きたい時はドライカレーもオススメですよ。

⑧スープカレーの献立

スープカレーは、さらさらとしたスープ状のカレーにご飯を浸して食べるスタイルが特徴です。

札幌ではすでにポピュラーな存在で、現在では全国に拡がっている話題性の高いメニューです。

ベーススープとスパイスのくみあわせによる、新しいおいしさです。コクとキレのあるベーススープと、味と香りがストレートに伝わるスパイスとの組み合わせが、新しいおいしさを生み出します

素材そのものがたのしめる、ごろごろした大きな具材が特徴で、彩りの楽しさと素材そのもののおいしさが味わえスープと主菜の一人二役のカレーです。

⑨グリーンカレーの献立

世界一の辛さと称される青唐辛子、プリッキーヌ(タイの激辛唐辛子)をたっぷりと使ったのがグリーンカレー。
現地では一から作られているが、日本では、手に入れにくい素材が多いため、手作りが難しいため、グリーンカレーペーストを使うと便利です。
主に使われているのは、コブミカンの葉(バイマックルー)、ガランガル(タイの生姜)、レモングラス、エシャロット、プリッキーヌ、カビ(シュリンペースト)など。

味の決め手はナンプラーで、ココナッツミルクを入れることで、刺激的な辛さにまろやかさを加えている。

カレーのアレンジも飽きた時、少し変わったカレーが食べたい場合は、グリーンカレーも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

⑩おもてなしカレーの献立

暑い日にもなぜか食べたくなる、みんな大好きなカレー。

いつもおもてなしをする時に、まずは相手が何を食べたいかと考えます。

リクエストがあればそれを作りますが、それもおもてなしですが、カレー自体を色々アレンジするのもおもてなしカレーですよね。

カレーの種類も沢山ありますが、アレンジカレーも無限にありますね。
少し手間をかけて作るカレー、簡単でも、色々装飾して、冷凍や既製品を使ったおもてなしカレー、副菜やスープ、デザートと組み合わせて作るおもてなしカレー。
スパイスもしっかり本格的に使った、おもてなしのカレーなどオリジナル。

そんなサプライズも楽しいおもてなしカレーを作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ。。。

今回は普通のカレーについて、色々と献立を立ててきた出てきましたが、カレーは糖質、脂質が多いので、サラダの付け合わせがよく合うので、いろいろなサラダを取り入れてみてはいかがでしょうか。

カレーライスは、辛いのが苦手という方も多いのではないでしょうか、そういった時は、温泉卵や生卵を、混ぜて食べることにより、辛味が抑えられ、まろやかな味わいになるのでぜひ試してみてください。

最後に、カレーが残った場合は、朝忙しい時などに食パンにのせてチーズをかけて焼くだけで、 カレートーストなどできるので、 子供や、 高齢者の方も満足していただけます。

また、献立が大変な場合は、 フルーツ缶などを家にストックしておくと、コストも安いし、開けるだけで食卓に並べられるのでおすすめです。

かつてはカレーと言えば欧風のイメージがありますが、昔ながらのカレー、一択でしたが、最近では様々なバリエーションのカレーが出てきていますよね。

人によってはオリエンタルなスパイスカレーこそカレーという方もいらっしゃるでしょう。
また、アレンジ方法も様々で、2日目の焼きカレーやカレーうどんなどバリエーションは昔の比ではありません。

そうしたバリエーションでも、それぞれで合う献立は変わっていくものです。
当ブログではそうしたカレーの記事についても(徐々にですが)増やしていますので、
ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました